クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

星野一義がほれ込んだMobil 1オイル

愛車のポテンシャルをフルに引き出す 2019.01.17 Mobil 1 ~日本一速い男の選択~<PR> 「日本一速い男」こと星野一義氏率いるTEAM IMPULを、長年にわたってサポートし続けているオイルブランド「Mobil 1」。そのMobil 1のコンシューマー向け製品に、性能の強化とラインナップの充実が図られた。新世代のエンジンに対応したという、その進化のほどを探った。

いい材料をそろえるのがオレの仕事

「35歳、星野です!」
カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」のホシノインパルブースに現れたのは、TEAM IMPUL監督の星野一義氏。本当の年齢はその2倍ほどのはずだが、所作も話し方も若々しさにあふれている。待ちかねた観客から大きな拍手で迎えられた。

ブースに並べられたスーパーフォーミュラとSUPER GTのマシンの前で行われたトークショーで、星野監督は今シーズンへの意気込みを語る。「今年はフォーミュラとGTのWタイトルを狙いますよ。チーム内でも競争が激しいんです。昔のオレと長谷見さんみたいな関係じゃないかな」

監督となった現在は、安心してレースに取り組める環境を整えるのが仕事だと話す。トークショーの相手として出席したのが、TEAM IMPULをMobil 1のオイルでサポートするEMGルブリカンツの潤滑油企画統括部 副統括部長の山内保宏氏。2008年から12年続く関係だ。星野監督は絶大な信頼を寄せている。

「オイルの性能を上げるのはMobilさんの仕事。いい材料をそろえるのがオレの仕事です。そして、オレはいいものしか使わない。言ってみれば、築地で最高の大間のマグロを仕入れるのと同じ(笑)」

奇抜な例えだが、言いたいことはよくわかる。

→自分に合ったMobil 1を選ぶ

「Mobil 1」の新商品は、「東京オートサロン2019」のホシノインパルブースで行われたトークショーの中で発表された。
「Mobil 1」の新商品は、「東京オートサロン2019」のホシノインパルブースで行われたトークショーの中で発表された。拡大
星野監督の「35歳、星野です!」の一声から始まったトークショー。その後も監督がサービス精神あふれる(?)奔放な発言を繰り返したこともあり、会場は笑いに包まれた。
星野監督の「35歳、星野です!」の一声から始まったトークショー。その後も監督がサービス精神あふれる(?)奔放な発言を繰り返したこともあり、会場は笑いに包まれた。拡大
2016年シーズンのSUPER GT GT500クラスを戦った「カルソニック IMPUL GT-R」。フロントバンパーには「Mobil 1」と「IMPUL」のロゴが並んでいる。
2016年シーズンのSUPER GT GT500クラスを戦った「カルソニック IMPUL GT-R」。フロントバンパーには「Mobil 1」と「IMPUL」のロゴが並んでいる。拡大

レースの世界でも問われる燃費性能

山内氏がトークショーに持ってきたのは、Mobil 1の新製品。

「1月にMobil 1シリーズのラインナップをリニューアルしました。新規格API:SN PLUSを取得するとともに、新たに低粘度の0W-16グレードを追加しています」

これまでの0W-20、0W-30、5W-30を新規格に対応させ、超低粘度の0W-16を新発売したわけだ。レースで使うオイルはもっと高粘度なものというイメージがあるが、山内氏によるとそれは時代遅れの考えらしい。

「0W-16のオイルは触るとサラサラです。ほとんど水のような感じ。以前だと摩耗が気になってもっと粘度の高いオイルを使いたがる傾向がありましたが、エンジンの性能が上がっていますからこれでまったく問題はありません。粘度が低ければシリンダー内の摩擦が減りますから、燃費が向上します。レースの世界でも燃費性能が重要なんですよ」

星野監督はわが意を得たりという表情。「オレは50年前からそう言ってる(笑)。エンジンにとってはフリクションが少ないほうがいいに決まっていますよ」

燃費が良くなければレースに勝てない時代なのだ。「TEAM IMPULではこれからもMobil 1を使い続けますよ。こうやっていいものをそろえたんだから、今年のオレの仕事は終わり。あとはドライバーとメカニックが頑張ればいい(笑)」

星野監督は自信に満ちた表情でトークショーを締めくくった。

→Mobil 1の詳しい情報はこちら

「Mobil 1」を取り扱うEMGルブリカンツの潤滑油企画統括部 副統括部長の山内保宏氏。TEAM IMPULのピットにまで出向くことが多く、星野監督の信頼も厚い。
「Mobil 1」を取り扱うEMGルブリカンツの潤滑油企画統括部 副統括部長の山内保宏氏。TEAM IMPULのピットにまで出向くことが多く、星野監督の信頼も厚い。拡大
新たにラインナップに加えられた0W-16の「Mobil 1」。あまりにサラサラとしているため、初めて取り扱ったサービスマンが「これ本当にオイル?」という疑問を抱いてしまうほどだとか。
新たにラインナップに加えられた0W-16の「Mobil 1」。あまりにサラサラとしているため、初めて取り扱ったサービスマンが「これ本当にオイル?」という疑問を抱いてしまうほどだとか。拡大
チームウエアの「Mobil 1」ロゴを指さす星野監督。「オレはMobil 1しか使わないんだ」と豪語した。
チームウエアの「Mobil 1」ロゴを指さす星野監督。「オレはMobil 1しか使わないんだ」と豪語した。拡大

エンジン性能に合わせてオイル性能もアップ

Mobil 1のリニューアルについて、山内氏に詳しい話をうかがった。まず、0W-16というグレードを新しくラインナップに加えた理由について。

「オイルのグレードはSAE(Society of Automotive Engineers)規格で決められています。これまであった0W-20よりもう一段粘度の低いグレードが0W-16ですね。ラインナップを拡大することで、エンジンに合わせて選択する幅を広げました」

SAEでは、さらに0W-12、0W-8という規格が定められているそうだ。Wというのは「Winter」の頭文字で、低温時の粘度を示す。0W-16ならば、低温時は0、高温時は16の粘度ということになる。

「0Wと5Wでは、触ってみるとまったく違いますよ。0Wは本当に水みたいなんです。15W-50なんてグレードだとドロドロですね。ものすごく硬くて抵抗が強いので、うっかりすると始動時にエンジンが壊れることもありますよ」

1950年代や1960年代のクルマはエンジンの内部パーツ間のクリアランスが大きくて低粘度のオイルは使えなかったが、今は精度が高くなって材質も進化しているからまったく問題はないのだという。

「添加剤を加えることで、オイルの質を向上させています。昔と違って現在は0Wのグレードでも十分な性能を得られるんです」

→自分に合ったMobil 1を選ぶ

「Mobil 1」の開発にあたっては、10年19万kmの走行に相当するという30万回のエンジンスタート/ストップテストを実施。エンジン内部機構が保護されることに加えて、オイル交換周期も延長されるという。
「Mobil 1」の開発にあたっては、10年19万kmの走行に相当するという30万回のエンジンスタート/ストップテストを実施。エンジン内部機構が保護されることに加えて、オイル交換周期も延長されるという。拡大
「Mobil 1は走り続ける。この国を。この道を。」のフレーズとともに展示された、フォーミュラカーを和風建築の間に配したポスター。ガソリンスタンドの統廃合が進んでも、Mobil 1は日本から撤退しないという思いを込めたものである。
「Mobil 1は走り続ける。この国を。この道を。」のフレーズとともに展示された、フォーミュラカーを和風建築の間に配したポスター。ガソリンスタンドの統廃合が進んでも、Mobil 1は日本から撤退しないという思いを込めたものである。拡大
笑顔がすてきなMobil 1レースクイーンの小林沙弥香さん。
笑顔がすてきなMobil 1レースクイーンの小林沙弥香さん。拡大

ノッキングを予防する新規格に対応

API規格はAmerican Petroleum Instituteが定めるエンジンオイルのグレードだ。新しいMobil 1はLSPI  (Low Speed Pre-Ignition :スパークプラグによる点火前に燃焼が起きる異常燃焼現象)防止性能が付与されて、最新の規格であるSN PLUS認証品となっている。

「最近は燃費改善のために1リッターや1.2リッターのダウンサイジングターボエンジンが搭載されるクルマが多くなっています。低回転からトルクを出すので運転しやすいんですが、高い熱を発生するのでオイルに負担がかかるんですよ。LSPIはエンジンを損傷させる恐れもありますから、添加剤の配合を変えることでこれを抑制するわけです」

直噴ターボエンジンは、低回転で異常燃焼を起こしやすいという弱点を抱えている。ピストンが上死点に達する前に燃焼が起きてノッキングが発生してしまうのだ。問題に対応するため2018年に定められた規格がSN PLUSであり、Mobil 1は対策を施した製品を2019年1月にいち早く発売した。

「Mobil 1はハイブリッド車で高い性能を発揮し、エンジン保護性能でも認められてきました。SN PLUSの認証を受けたことで、ダウンサイジングターボエンジンにも安心して使用していただけます」

低燃費で高出力という、優れたエンジン性能を支えるのはエンジンオイルの力である。Mobil 1の新しいラインナップは、愛車のポテンシャルをフルに引き出してくれる頼もしい相棒なのだ。

(文=鈴木真人/写真=荒川正幸)

→Mobil 1の詳しい情報はこちら

新たに追加された0W-16だけでなく、既存の0W-20、0W-30、5W-30についてもダウンサイジングターボエンジンのノッキング防止用添加剤を加えることで、SN PLUS規格認証品となっている。
新たに追加された0W-16だけでなく、既存の0W-20、0W-30、5W-30についてもダウンサイジングターボエンジンのノッキング防止用添加剤を加えることで、SN PLUS規格認証品となっている。拡大
小林さんとともにブースに花を添えたMobil 1レースクイーンの佐崎愛里さん
小林さんとともにブースに花を添えたMobil 1レースクイーンの佐崎愛里さん拡大
低燃費と高出力という、相反するエンジン性能を実現させる「Mobil 1」。愛車のポテンシャルをフルに引き出してくれる頼もしい相棒だ。
低燃費と高出力という、相反するエンジン性能を実現させる「Mobil 1」。愛車のポテンシャルをフルに引き出してくれる頼もしい相棒だ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。