「アウディA4」仕様変更 250台の限定車も登場

2019.01.16 自動車ニュース
アウディA4アバント
アウディA4アバント拡大

アウディ ジャパンは2019年1月16日、仕様変更した「A4」シリーズの販売をスタート。同時に、限定車「A4 35/A4アバント35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス」も発売した。

「A4」のインテリア。
「A4」のインテリア。拡大
A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス
A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス拡大
限定車「A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス」に装着される、グロスブラックの18インチアルミホイール。
限定車「A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス」に装着される、グロスブラックの18インチアルミホイール。拡大

今回の主な変更点は、内外装のデザインと、セットオプションの装備内容。具体的には、以下の点が改められている。

【エクステリア】

  • 主力グレードである「スポーツ」に、これまで「S line」用だったフロントバンパーとクロームグリルを採用。アルミホイールのデザインも一新した。さらに、ベースグレードを含め、リアディフューザーと一体型のテールパイプを装着。
  • A4のS lineパッケージ装着車と「S4」は、新デザインのフロントバンパーを装備。あわせて、アルミホイールのデザインも変更した。
  • ボディーカラーに「ナバーラブルー」を追加(全モデル対象)。 

【インテリア】

  • S line およびS4の各オプションパッケージの内容を変更し、バーチャルコックピットやアンビエントライティングなどのアイテムを組み込んだ。
  • スポーツのインテリアカラーに「ヌガーヌブラウン」を追加。

各モデルの価格帯は以下の通り。

  • A4:447万円~624万円
  • S4:846万円
  • A4アバント:476万円~653万円
  • S4アバント:875万円
  • A4オールロードクワトロ:658万円

また今回は、FF車の「A4 35 TFSIスポーツ」と「A4アバント35 TFSIスポーツ」をベースに、グロスブラックの18インチアルミホイール、マルチカラーアンビエントライティング、AGAフロアマットスポーツなどを装備した特別限定車「ブラックエレガンス」が、セダン、アバント各125台ずつ(計250台)設定された。

価格は以下の通り。

  • A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス:586万円
  • A4アバント35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス:615万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディA4 2.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2016.2.19 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジを受けたアウディの主力モデル「A4」に試乗。外見上はキープコンセプトながらも、新機軸を満載した新型の実力やいかに? 前輪駆動のベーシックグレード「A4 2.0 TFSI」のステアリングを握った。
ホームへ戻る