「アウディA4」仕様変更 250台の限定車も登場

2019.01.16 自動車ニュース
アウディA4アバント
アウディA4アバント拡大

アウディ ジャパンは2019年1月16日、仕様変更した「A4」シリーズの販売をスタート。同時に、限定車「A4 35/A4アバント35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス」も発売した。

「A4」のインテリア。
「A4」のインテリア。拡大
A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス
A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス拡大
限定車「A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス」に装着される、グロスブラックの18インチアルミホイール。
限定車「A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス」に装着される、グロスブラックの18インチアルミホイール。拡大

今回の主な変更点は、内外装のデザインと、セットオプションの装備内容。具体的には、以下の点が改められている。

【エクステリア】

  • 主力グレードである「スポーツ」に、これまで「S line」用だったフロントバンパーとクロームグリルを採用。アルミホイールのデザインも一新した。さらに、ベースグレードを含め、リアディフューザーと一体型のテールパイプを装着。
  • A4のS lineパッケージ装着車と「S4」は、新デザインのフロントバンパーを装備。あわせて、アルミホイールのデザインも変更した。
  • ボディーカラーに「ナバーラブルー」を追加(全モデル対象)。 

【インテリア】

  • S line およびS4の各オプションパッケージの内容を変更し、バーチャルコックピットやアンビエントライティングなどのアイテムを組み込んだ。
  • スポーツのインテリアカラーに「ヌガーヌブラウン」を追加。

各モデルの価格帯は以下の通り。

  • A4:447万円~624万円
  • S4:846万円
  • A4アバント:476万円~653万円
  • S4アバント:875万円
  • A4オールロードクワトロ:658万円

また今回は、FF車の「A4 35 TFSIスポーツ」と「A4アバント35 TFSIスポーツ」をベースに、グロスブラックの18インチアルミホイール、マルチカラーアンビエントライティング、AGAフロアマットスポーツなどを装備した特別限定車「ブラックエレガンス」が、セダン、アバント各125台ずつ(計250台)設定された。

価格は以下の通り。

  • A4 35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス:586万円
  • A4アバント35 TFSIスポーツ ブラックエレガンス:615万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
ホームへ戻る