狙うは未来のモビリティーの“主役”
「CES 2019」で見た部品メーカーの野望

2019.01.23 デイリーコラム

自動運転時代の幕開けとともに

“自動運転の時代”には、完成車メーカーと部品メーカーの垣根が崩れるかも……。毎年1月に米国ラスベガスで開催される世界最大級のエレクトロニクス関連展示会「CES」を取材して、そんな感想を抱いた。多くの部品メーカーが自動運転時代をにらんだ「移動サービス用車両」を展示していたからだ。

その筆頭はドイツの大手部品メーカーであるZFだ。同社は、2017年5月に自動運転EV(電気自動車)を開発するベンチャー企業である独e.GO Mobileと提携。合弁会社e.GO MOOVEを設立して移動サービス向けの自動運転EVの開発・製造・販売に参入した。そして2018年6月には自動運転用EVの量産を2019年にドイツ・アーヘンで開始すると発表。今回のCESでは、量産を予定する移動サービス用の自動運転EV「e.GO Mover」を展示会場に持ち込んだ。

同車両は5~6人乗りの箱型EVで、人と荷物の両方の移動サービス向けを想定している。生産開始は2019年末からで、まずは400台をフランスのMaaS(Mobility as a Service)企業であるTransdev(トランスデブ)に提供。1年程度は自動運転ではなく手動運転で試験運用し、1年後からは自動運転レベル4の、運転席に人間のドライバーがいない自動運転での運用を目指すという。ZFは、今後5~7年でこのような車両に対する需要は年間100万台規模に達すると予想している。

ドイツのZFが展示した移動サービス向け車両「e.GO Mover」。2019年末から生産を開始する。
ドイツのZFが展示した移動サービス向け車両「e.GO Mover」。2019年末から生産を開始する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事