レクサスES300h“バージョンL”(後編)

2019.01.31 谷口信輝の新車試乗 レクサスのFFセダン「ES」でセリングポイントとされている先進装備や居住性は、谷口信輝の目にはどう映った? 最上級グレード“バージョンL”に試乗しての感想をお伝えする。

先進のミラーにモヤモヤ気分

箱根での試乗を終えて「不満なところはひとつもない」と谷口信輝が評価した「レクサスES300h」。後編ではまず、世界に先駆けてESで製品化された「デジタルアウターミラー」から語ってもらうことにしよう。

「ミラーで確認しようとすると、まずは、もともとドアミラーがあったところに視線がいって、『あ、ミラーがない!』って気づいて、Aピラーの根元付近に取り付けられたこのディスプレイに目がいきますよね。今日、僕は初めてESに乗りましたが、同じことを何度もしました(笑)。まあ、これがまだ新しい試みで、僕がまだ慣れてないだけなんですけど、デジタルアウターミラーのカメラ部分を見るたびに『またか!』と思いましたよ。いっそのこと、カメラのとなりに『また見た?』ってステッカーでも貼っておきましょうか?(笑) 」

「まあ、その辺はレクサスの人たちからしたら『想定内の答え』で、『まずは慣れてください』ということかもしれませんが、カメラ部を見るたびになんかモヤモヤした気持ちになりますよね」

ここまでにこやかな表情で語った谷口は、真顔に戻ってからこう言葉をつないだ。
「正直、『後方を見る』という機能に関して言えば、これで何の問題もないと思いますが、デジタル映像を見ていると、ちょっと現実味がないというか、だまされているような気がするんです。まるで、レストランに置いてある“食品サンプル”を見ているみたいな感じ。それと、後ろを走っているのがどんなクルマで、どんな人が乗っているかを確認しようとしても、これだとちょっとわかりにくいんですよね」


確かに、デジタルアウターミラーには弱点もある。ただし、サイドウィンドウに雨滴が付いても視界が妨げられないとか、後退時には視野を広げて後方確認をしやすくするといった機能はデジタルアウターミラーだからこそ実現できたこと。それらも含めて、この新技術はもう少し長い目で捉える必要がありそうだ。 

 
レクサスES300h“バージョンL”(後編)の画像拡大
 
レクサスES300h“バージョンL”(後編)の画像拡大
 
レクサスES300h“バージョンL”(後編)の画像拡大
 
レクサスES300h“バージョンL”(後編)の画像拡大

【レクサスES300h“バージョンL”のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4975×1865×1445mm/ホイールベース:2870mm/車重:1730kg/駆動方式:FF/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:178ps(131kW)/5700rpm/エンジン最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3600-5200rpm/モーター最高出力:120ps(88kW)/モーター最大トルク:202Nm(20.6kgm)/タイヤ:(前)235/45R18 94Y/(後)235/45R18 94Y(ダンロップSP SPORT MAXX 050)/燃費:23.4km/リッター(JC08モード)/20.6km/リッター(WLTCモード)/価格:698万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:273.3km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:18.5リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:14.8km/リッター(満タン法)、16.5km/リッター(車載燃費計計測値)


	【レクサスES300h“バージョンL”のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4975×1865×1445mm/ホイールベース:2870mm/車重:1730kg/駆動方式:FF/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:178ps(131kW)/5700rpm/エンジン最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3600-5200rpm/モーター最高出力:120ps(88kW)/モーター最大トルク:202Nm(20.6kgm)/タイヤ:(前)235/45R18 94Y/(後)235/45R18 94Y(ダンロップSP SPORT MAXX 050)/燃費:23.4km/リッター(JC08モード)/20.6km/リッター(WLTCモード)/価格:698万円

	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:273.3km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:18.5リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:14.8km/リッター(満タン法)、16.5km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
ES, レクサス

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)/ES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.30 試乗記 日本国内での販売がいよいよ始まった、レクサスのセダン「ES」。新型では、従来モデルで好評だった“快適性”を一段と磨き上げたというのだが……? 最上級グレードとES初のスポーティーグレード、2モデルの試乗を通して乗り味をチェックした。
  • レクサスES300h“バージョンL” 2018.10.24 画像・写真 2018年10月24日に日本で初めて発売された、レクサスのミッドサイズセダン「ES」。「上質な快適性」をさらに進化させたという最新型のうち、上級グレードにあたる「ES300h“バージョンL”」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.17 試乗記 レクサスのフラッグシップモデルである「LS」と見間違えるほどのデザインとサイズ感を持ち日本初登場となった「ES」。同じパワートレインを採用する兄弟車である「カムリ」とはどこが違うのか? 北米テイストに満ちた両車を比べて、感じることがあった。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
ホームへ戻る