アウディ、2019年内にディーゼルの「Q5 40 TDI」とEVの「e-tron」を日本に導入

2019.01.29 自動車ニュース

2019年1月28日に発表したアウディのハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」を報道陣に公開した。最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載する。


	2019年1月28日に発表したアウディのハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」を報道陣に公開した。最高出力450ps、最大トルク600Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載する。
	拡大

アウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長は2019年1月28日、東京・渋谷でメディア向けのスピーチを行い、同日発表したハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」に続き、10モデル以上の新型車を2019年に導入すると発表した。

2019年のビジネスプランを発表したアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長。
2019年のビジネスプランを発表したアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長。拡大
「RS 4アバント」のインテリア。ファインナッパレザーのスポーツシートやRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、RS専用シフトゲートなど、特別な装備が採用されている。
「RS 4アバント」のインテリア。ファインナッパレザーのスポーツシートやRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、RS専用シフトゲートなど、特別な装備が採用されている。拡大
北米のモータースポーツシーンをにぎわせた「アウディ90クワトロIMSA GTO」からインスピレーションを得たというエクステリアデザインを採用する「RS 4アバント」。
北米のモータースポーツシーンをにぎわせた「アウディ90クワトロIMSA GTO」からインスピレーションを得たというエクステリアデザインを採用する「RS 4アバント」。拡大

会見の冒頭、2018年の販売実績を紹介。アウディ全体では新試験サイクルであるWLTPへの切り替えが重なり、前年比でマイナス3.5%の総販売台数に、日本でもマイナス6.5%の実績に終わったことが報告された。いっぽうでアウディのハイパフォーマンスモデルを擁するサブブランド、アウディスポーツでは、過去最高となる1017台を日本で販売。これは2017年の524台からほぼ倍となる伸びになったと、実績を語った。

2019年は、同日発表のRS 4アバントに続き、2月にはアウディ初となるクリーンディーゼルモデル「Q5 40 TDIクワトロ」を、3月には新型「A6」を日本導入。そのほか、クーペスタイルのSUV「Q8」や2代目となるコンパクトハッチバック「A1」、初のフルEV「e-tron」など、10モデル以上の新型車の年内導入を予定しているという。

こうしたニューモデルの導入にあわせて、販売ネットワークやカスタマーサービスの充実、認定中古車販売の強化などを行い、2019年はさらなる成長を目指す新たなスタートと位置付ける考えであることを明らかにした。

(webCG)

関連キーワード:
A1, A6, e-tron, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA1スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.6 試乗記 1984年に登場したアウディの「スポーツクワトロ」を連想させるモチーフがそこかしこに用いられた、2代目「A1スポーツバック」。同社のエントリーモデルとしてはもちろん、コンパクトなプレミアムモデルとしても注目度の高い、この新型車の魅力とは?
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
ホームへ戻る