「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場

2019.02.04 自動車ニュース
アウディQ5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング
アウディQ5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング拡大

アウディ ジャパンは2019年2月4日、ミドルサイズSUV「Q5」にディーゼルエンジンを搭載した新グレード「Q5 40 TDIクワトロ」を設定。導入記念モデル「Q5 TDI 1st edition black styling(ファーストエディション ブラックスタイリング)」とともに、同年2月19日に発売すると発表した。

Q5 40 TDIクワトロ
Q5 40 TDIクワトロ拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大

JC08モードで15.6km/リッターという燃費を実現

Q5 40 TDIクワトロは、2リッター直列4気筒の電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンを搭載した、Q5の新しいエントリーモデルである。最高出力は190ps、最大トルクは400Nmで、可変ガイドベーン式ターボにより、ディーゼルエンジンならではの大きなトルクをガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供することができるという。

一方、排出ガスの浄化システムには、酸化触媒コンバーター、尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどを採用。高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGR(排ガス再循環)などといったエンジン側の新技術とも相まって、欧州のユーロ6や日本のポスト新長期排規制に適合している。燃費はJC08モード計測で15.6km/リッターと、ガソリンモデルを1.7km/リッター上回る数値となっている。

「Q5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング」のインテリア。
「Q5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング」のインテリア。拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大

250台限定の導入記念モデルも

同時に設定されたファーストエディション ブラックスタイリングは、迫力ある内外装と充実した安全装備が特徴の導入記念モデルであり、250台の台数限定で販売される。「Q5 40 TDIクワトロ スポーツ」をベースに、マトリクスLEDヘッドライト(ダイナミックインジケーター含む)や各種運転支援システムをセットにした「アシスタンスパッケージ」、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなどを装備している。

価格は以下の通り。

  • Q5 40 TDIクワトロ:636万円
  • Q5 40 TDIクワトロ スポーツ:657万円
  • Q5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング:746万円

(webCG)

関連キーワード:
Q5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ5 40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.2.25 試乗記 日本に導入されたアウディ車としては実に約40年ぶりのディーゼルモデルとなる「Q5 40 TDIクワトロ」。しかしながら、2リッターディーゼルクラスはライバルブランドも力を入れる激戦区。“後出し”ならではの強さを見せることはできるのだろうか。
  • アウディQ5ファーストエディション(4WD/7AT)/SQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.10.17 試乗記 アウディのミドルサイズSUV「Q5」がフルモデルチェンジ。新世代プラットフォーム「MLB evo」を採用した新型が、いよいよ日本にも導入された。走りも内外装も大幅にブラッシュアップされた、2代目の出来栄えを報告する。
  • 「アウディQ5」に「Sライン ダイナミックリミテッド」登場 スポーティーな装いの特別仕様車 2019.8.20 自動車ニュース 「アウディQ5」に特別仕様車「Sライン ダイナミックリミテッド」登場。「Q5 40 TDIクワトロ スポーツ」をベースとした台数250台の限定モデルで、「Sライン エクステリア」や20インチホイール、ドライバーアシスタンスシステム、マトリクスLEDライトなどが装備される。
  • アウディQ3 2018.7.26 画像・写真 2011年のデビュー以来、初のモデルチェンジが実施された「アウディQ3」。2代目となる新型は従来モデルに比べて、ボディーサイズ、居住空間ともに拡大されている。その姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る