「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場

2019.02.04 自動車ニュース
アウディQ5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング
アウディQ5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング拡大

アウディ ジャパンは2019年2月4日、ミドルサイズSUV「Q5」にディーゼルエンジンを搭載した新グレード「Q5 40 TDIクワトロ」を設定。導入記念モデル「Q5 TDI 1st edition black styling(ファーストエディション ブラックスタイリング)」とともに、同年2月19日に発売すると発表した。

Q5 40 TDIクワトロ
Q5 40 TDIクワトロ拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大

JC08モードで15.6km/リッターという燃費を実現

Q5 40 TDIクワトロは、2リッター直列4気筒の電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンを搭載した、Q5の新しいエントリーモデルである。最高出力は190ps、最大トルクは400Nmで、可変ガイドベーン式ターボにより、ディーゼルエンジンならではの大きなトルクをガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供することができるという。

一方、排出ガスの浄化システムには、酸化触媒コンバーター、尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどを採用。高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGR(排ガス再循環)などといったエンジン側の新技術とも相まって、欧州のユーロ6や日本のポスト新長期排規制に適合している。燃費はJC08モード計測で15.6km/リッターと、ガソリンモデルを1.7km/リッター上回る数値となっている。

「Q5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング」のインテリア。
「Q5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング」のインテリア。拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大
 
「アウディQ5」にディーゼルエンジン搭載モデルが登場の画像拡大

250台限定の導入記念モデルも

同時に設定されたファーストエディション ブラックスタイリングは、迫力ある内外装と充実した安全装備が特徴の導入記念モデルであり、250台の台数限定で販売される。「Q5 40 TDIクワトロ スポーツ」をベースに、マトリクスLEDヘッドライト(ダイナミックインジケーター含む)や各種運転支援システムをセットにした「アシスタンスパッケージ」、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなどを装備している。

価格は以下の通り。

  • Q5 40 TDIクワトロ:636万円
  • Q5 40 TDIクワトロ スポーツ:657万円
  • Q5 TDIファーストエディション ブラックスタイリング:746万円

(webCG)

関連キーワード:
Q5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ Q5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ5 40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.2.25 試乗記 日本に導入されたアウディ車としては実に約40年ぶりのディーゼルモデルとなる「Q5 40 TDIクワトロ」。しかしながら、2リッターディーゼルクラスはライバルブランドも力を入れる激戦区。“後出し”ならではの強さを見せることはできるのだろうか。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • レクサスの上級SUV「RX」が一部改良 予防安全装備を強化 2020.7.22 自動車ニュース レクサスブランドの上級SUV「RX」が一部改良。パーキングサポートブレーキやブラインドスポットモニターが全車標準装備となったほか、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)がフロントセンターコンソールとラゲッジルームに追加された。
  • アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入 2020.7.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る