クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

グローバルで躍進を続ける
ボルボデザインの次なる挑戦【後編】

2019.02.06 デイリーコラム

3台のコンセプトカーが表現したもの

「スカンジナビアデザインとは、機能的でシンプル、安らぎと温かみを持つ……といったイメージや表現手法、製品の造形を指すだけではなく、ライフスタイルそのものと密接な関係がある」と語ったボルボ・カーズのデザイン部門上級副社長、ロビン・ペイジ氏。

2013年9月に発表した「ボルボ・コンセプト クーペ」、続く2014年1月の「ボルボ・コンセプトXCクーペ」、そして2014年3月の「ボルボ・コンセプト エステート」は、ボルボの新世代を示すデザインキューであると当時に、ペイジ氏はボルボが考えるスカンジナビアデザインの具現でもあったと言う。

「スカンジナビアデザインに関して、より分かりやすく3つのキーワードを挙げたいと思います。最初はオーソリティー、2つ目はアクティビティー、そして最後がクリエイティビティーです。これらは一つひとつがそれぞれ3台のコンセプトカーにも表現されています。しかし、その中でも特にオーソリティーを表現したのが、コンセプトクーペになります」

この場合のオーソリティーとは、“よりどころ”を意味するものと考えてもよさそうだ。新世代ボルボのデザインプレビューで、コンセプト クーペがすべての根幹をなすトップバッターとなったのも、そうした理由があったからに違いない。

「続くコンセプトXCクーペは、アクティビティーを表現しました。さまざまなアウトドアギアを収納できるスペースを備えています。3つ目はクリエイティビティーをテーマにコンセプト エステートを提案し、こちらはインテリアのデザインや素材でスカンジナビアデザインらしさを主張しています」

従来からある素材でも新たな組み合わせに挑戦したり、これまでクルマに使用されていなかった材質やデザインに取り組んだりすることも、3つ目のクリエイティビティーに含まれていると考えられる。3台のコンセプトカーは、巧みにテーマと表現を変え、スカンジナビアデザインの具体例を示していたのだ。

1971年にイギリスで生まれたロビン・ペイジ氏。ジャガー、ロールス・ロイス、ベントレーという英国ブランドでのキャリアを経て、ボルボに入社したのが2013年。2017年よりデザイン部門上級副社長を務める。
1971年にイギリスで生まれたロビン・ペイジ氏。ジャガー、ロールス・ロイス、ベントレーという英国ブランドでのキャリアを経て、ボルボに入社したのが2013年。2017年よりデザイン部門上級副社長を務める。拡大
ロビン・ペイジ氏のデザインセミナーが行われたボルボスタジオ青山。会場には、ボルボ躍進の秘密を探るべく、大勢の報道陣が集まった。
ロビン・ペイジ氏のデザインセミナーが行われたボルボスタジオ青山。会場には、ボルボ躍進の秘密を探るべく、大勢の報道陣が集まった。拡大
ボルボ の中古車

自動運転を見据え開発されたEVデザイン

そう聞いてあらためて、ボルボスタジオ青山に展示されていた「V90」や「XC40」のインテリアを見てみると、機能を損なわないデザインであることが理解できる。無理なく操作できるスイッチやメーターの配置と形状、そして自然由来の素材を感じさせてくれる質感やデザインも、まさにスカンジナビアテイストだ。

木や革、ウールなどの、温かみを感じさせる天然素材を用いる反面、時にスカンジナビアデザインは挑戦的でもある。それはボルボの内装に用いられるテクスチャーやそれらの組み合わせにも表れている。

これまでにないものを高い品質で作り上げる情熱を持つ土壌は、例えば高級オーディオの世界に北欧ブランドが多いことや、世界屈指の人気音楽プロデューサーだった故アヴィーチーのエッジの効いたDJリミックスなどからも理解できる。天然素材のぬくもりに頼るだけでなく、創造力豊かで斬新なのも、スカンジナビアデザインが持つ一面だ。ちなみにアヴィーチーの作品『Feeling Good』は、「ボルボXC90」のプロモーションビデオにも使用されているので、ご存じの方も多いことだろう。

スカンジナビアデザインを体現した市販ラインナップが新世代に無事移行した今、ボルボが次に描く未来のクルマは、いったいどんなものなのだろうか。

その答えのひとつが、ロビン・ペイジ氏が率いるデザインチームが中心となって開発された、「360c」と呼ばれるボルボ最新のコンセプトカーだ。スタイリングからも分かるように、これはコンセプトカー3部作のような、わずか数年後の市販を狙った車両のプレビューではない。

来るべき自動運転を見据えて開発された、EVのデザインである。その未来で考えられるのは、個人所有に加えてカーシェアリングやリースという利用形態だ。

所有にこだわらないこうした新しい利用形態は、現在もじわじわと拡大中だが、自動運転が実用化されるような社会が当たり前になった時には、通勤や旅行などの移動の仕方や、都市の設計、建造物の配置、駐車場のあり方にも大きな変化がもたらされるとボルボは考えている。

「スカンジナビアデザインには、天然素材を使用したやさしいイメージだけではなく、ポップカルチャーに通じるカラフルな一面もある」とロビン・ペイジ氏は語った。写真はその具体例として紹介された「XC40」のインテリア。
「スカンジナビアデザインには、天然素材を使用したやさしいイメージだけではなく、ポップカルチャーに通じるカラフルな一面もある」とロビン・ペイジ氏は語った。写真はその具体例として紹介された「XC40」のインテリア。拡大
スウェーデンのイエテボリ、中国の上海、アメリカのカリフォルニア州カマリロにある、世界3カ所のデザインセンターにいる約300人のスタッフをまとめるのが、ボルボ・カーズのデザイン部門上級副社長 ロビン・ペイジ氏だ。
スウェーデンのイエテボリ、中国の上海、アメリカのカリフォルニア州カマリロにある、世界3カ所のデザインセンターにいる約300人のスタッフをまとめるのが、ボルボ・カーズのデザイン部門上級副社長 ロビン・ペイジ氏だ。拡大

自動運転でなくなるものと得られるもの

360cの斬新なフォルムには、ボルボテイストが薄いように感じるが、デザインの狙いはどこにあるのか? ペイジ氏は言う。

「確かに分かりやすいグリルや、ボルボというクルマで想像しやすいボクシーなフォルムは360cにありません。しかしトールハンマーを進化させたヘッドライトデザインやボディーサイドのクリーンでシンプルな造形は、ボルボらしさを表現しています。自動運転がカーモビリティーの中心になれば、現在プレミアムカーに求められているであろう“ステイタス性”や“ダイナミズム”といった、クルマのキャラクターを明確化する要素は薄まると考えられます。ただし、所有したいという層は一定数残ると思いますので、その所有欲を満足させる品質やデザイン性などは変わらず重要になるでしょう」

360cでは、環境負荷のない安全な移動手段を表現しているという。運転が完全に自動化されたEVでは、運転の労力から解放し、移動中クルマの中で何をしようとも自由だ。自動運転だけが通行可能な専用レーンの走行中は、その時間を仕事に充ててもいいしパーティールームの代わりにしてもいい。夜間に出発し、移動中に睡眠をとり、翌朝目的地に着くや否や、仕事やバカンスを始めてもいい。好きな時に、望みの場所まで移動できる自由が生まれる。わざわざ空港まで行き、飛行機の遅れや荷物検査の列に悩まされることもなくなるだろう。

「もうひとつ、完全自動運転のクルマでは、多くのセンサーが自動運転のために装備されますが、そのセンサー類をクルマのデザインを保ちながらどう一体化させるのかも、重要な課題です。レベル4やレベル5という段階ごとに車両デザインを分けるのではなく、機能と安全を確保しながら、新たな自動運転車両のデザインを提案したのが360cなのです」

個人所有からカーシェアリング、あるいはレンタルへと、クルマの所有方法や使われ方などクルマそのもののポジションが大きな変革期を迎えようとしている今、ボルボはデザイン面からも未来のクルマにチャレンジしているのである。

(文=櫻井健一/写真=ボルボ・カー・ジャパン/編集=櫻井健一)

自動運転のEVコンセプトとなる「360c」は、現行型「XC90」のフットスタンプ(全長×全幅)を参考にサイズを決定したという。
自動運転のEVコンセプトとなる「360c」は、現行型「XC90」のフットスタンプ(全長×全幅)を参考にサイズを決定したという。拡大
「360c」のインテリアイメージ。完全自動運転の未来では、移動時間を有効に使用できる。移動時間を睡眠に充て、目的地到着後すぐに行動を開始できるなど、そのメリットは大きいだろう。
「360c」のインテリアイメージ。完全自動運転の未来では、移動時間を有効に使用できる。移動時間を睡眠に充て、目的地到着後すぐに行動を開始できるなど、そのメリットは大きいだろう。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ の中古車
関連キーワード
XC40XC90ボルボ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。