グローバルで躍進を続ける
ボルボデザインの次なる挑戦【後編】

2019.02.06 デイリーコラム

3台のコンセプトカーが表現したもの

「スカンジナビアデザインとは、機能的でシンプル、安らぎと温かみを持つ……といったイメージや表現手法、製品の造形を指すだけではなく、ライフスタイルそのものと密接な関係がある」と語ったボルボ・カーズのデザイン部門上級副社長、ロビン・ペイジ氏。

2013年9月に発表した「ボルボ・コンセプト クーペ」、続く2014年1月の「ボルボ・コンセプトXCクーペ」、そして2014年3月の「ボルボ・コンセプト エステート」は、ボルボの新世代を示すデザインキューであると当時に、ペイジ氏はボルボが考えるスカンジナビアデザインの具現でもあったと言う。

「スカンジナビアデザインに関して、より分かりやすく3つのキーワードを挙げたいと思います。最初はオーソリティー、2つ目はアクティビティー、そして最後がクリエイティビティーです。これらは一つひとつがそれぞれ3台のコンセプトカーにも表現されています。しかし、その中でも特にオーソリティーを表現したのが、コンセプトクーペになります」

この場合のオーソリティーとは、“よりどころ”を意味するものと考えてもよさそうだ。新世代ボルボのデザインプレビューで、コンセプト クーペがすべての根幹をなすトップバッターとなったのも、そうした理由があったからに違いない。

「続くコンセプトXCクーペは、アクティビティーを表現しました。さまざまなアウトドアギアを収納できるスペースを備えています。3つ目はクリエイティビティーをテーマにコンセプト エステートを提案し、こちらはインテリアのデザインや素材でスカンジナビアデザインらしさを主張しています」

従来からある素材でも新たな組み合わせに挑戦したり、これまでクルマに使用されていなかった材質やデザインに取り組んだりすることも、3つ目のクリエイティビティーに含まれていると考えられる。3台のコンセプトカーは、巧みにテーマと表現を変え、スカンジナビアデザインの具体例を示していたのだ。

1971年にイギリスで生まれたロビン・ペイジ氏。ジャガー、ロールス・ロイス、ベントレーという英国ブランドでのキャリアを経て、ボルボに入社したのが2013年。2017年よりデザイン部門上級副社長を務める。
1971年にイギリスで生まれたロビン・ペイジ氏。ジャガー、ロールス・ロイス、ベントレーという英国ブランドでのキャリアを経て、ボルボに入社したのが2013年。2017年よりデザイン部門上級副社長を務める。拡大
ロビン・ペイジ氏のデザインセミナーが行われたボルボスタジオ青山。会場には、ボルボ躍進の秘密を探るべく、大勢の報道陣が集まった。
ロビン・ペイジ氏のデザインセミナーが行われたボルボスタジオ青山。会場には、ボルボ躍進の秘密を探るべく、大勢の報道陣が集まった。拡大
ボルボ XC40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • ボルボXC60リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション【試乗記】 2020.12.22 試乗記 プラグインハイブリッドシステムを搭載する「ボルボXC60」で、日本有数の豪雪地帯である青森・酸ヶ湯経由のルートをテストドライブ。後輪にモーターを用いたAWDの性能や、ボルボ自慢のセーフティーデバイスの実力を確かめた。
  • ニスモが「GT-R」のレストアを開始! 盛り上がる名車再生サービスの“功”と“罪” 2020.12.28 デイリーコラム ニスモが名車「日産スカイラインGT-R」のレストア事業に着手! メーカーによるレストアや部品供給サービスの拡充は、ファンの愛車維持や中古車市場にどのような影響をもたらすのか? 各メーカーの取り組みとともに解説する。
ホームへ戻る