グローバルで躍進を続ける
ボルボデザインの次なる挑戦【後編】

2019.02.06 デイリーコラム

3台のコンセプトカーが表現したもの

「スカンジナビアデザインとは、機能的でシンプル、安らぎと温かみを持つ……といったイメージや表現手法、製品の造形を指すだけではなく、ライフスタイルそのものと密接な関係がある」と語ったボルボ・カーズのデザイン部門上級副社長、ロビン・ペイジ氏。

2013年9月に発表した「ボルボ・コンセプト クーペ」、続く2014年1月の「ボルボ・コンセプトXCクーペ」、そして2014年3月の「ボルボ・コンセプト エステート」は、ボルボの新世代を示すデザインキューであると当時に、ペイジ氏はボルボが考えるスカンジナビアデザインの具現でもあったと言う。

「スカンジナビアデザインに関して、より分かりやすく3つのキーワードを挙げたいと思います。最初はオーソリティー、2つ目はアクティビティー、そして最後がクリエイティビティーです。これらは一つひとつがそれぞれ3台のコンセプトカーにも表現されています。しかし、その中でも特にオーソリティーを表現したのが、コンセプトクーペになります」

この場合のオーソリティーとは、“よりどころ”を意味するものと考えてもよさそうだ。新世代ボルボのデザインプレビューで、コンセプト クーペがすべての根幹をなすトップバッターとなったのも、そうした理由があったからに違いない。

「続くコンセプトXCクーペは、アクティビティーを表現しました。さまざまなアウトドアギアを収納できるスペースを備えています。3つ目はクリエイティビティーをテーマにコンセプト エステートを提案し、こちらはインテリアのデザインや素材でスカンジナビアデザインらしさを主張しています」

従来からある素材でも新たな組み合わせに挑戦したり、これまでクルマに使用されていなかった材質やデザインに取り組んだりすることも、3つ目のクリエイティビティーに含まれていると考えられる。3台のコンセプトカーは、巧みにテーマと表現を変え、スカンジナビアデザインの具体例を示していたのだ。

1971年にイギリスで生まれたロビン・ペイジ氏。ジャガー、ロールス・ロイス、ベントレーという英国ブランドでのキャリアを経て、ボルボに入社したのが2013年。2017年よりデザイン部門上級副社長を務める。
1971年にイギリスで生まれたロビン・ペイジ氏。ジャガー、ロールス・ロイス、ベントレーという英国ブランドでのキャリアを経て、ボルボに入社したのが2013年。2017年よりデザイン部門上級副社長を務める。拡大
ロビン・ペイジ氏のデザインセミナーが行われたボルボスタジオ青山。会場には、ボルボ躍進の秘密を探るべく、大勢の報道陣が集まった。
ロビン・ペイジ氏のデザインセミナーが行われたボルボスタジオ青山。会場には、ボルボ躍進の秘密を探るべく、大勢の報道陣が集まった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
  • BMW X3 M40d(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.15 試乗記 最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する「BMW X3 M40d」に試乗。BMW Mが手がけた高性能ディーゼルと、同社がスポーティーなチューンを施したというシャシーの組み合わせを味わってみた。
ホームへ戻る