「アウディQ2 ♯ブラックスタイリング」限定発売

2019.02.12 自動車ニュース
アウディQ2 ♯ブラックスタイリング
アウディQ2 ♯ブラックスタイリング拡大

アウディ ジャパンは2019年2月12日、コンパクトSUV「Q2」に特別仕様車「♯ブラックスタイリング」を設定し、375台の台数限定で発売した。

 
「アウディQ2 ♯ブラックスタイリング」限定発売の画像拡大
 
「アウディQ2 ♯ブラックスタイリング」限定発売の画像拡大
 
「アウディQ2 ♯ブラックスタイリング」限定発売の画像拡大
 
「アウディQ2 ♯ブラックスタイリング」限定発売の画像拡大

アウディQ2 ♯ブラックスタイリングは、1リッター直3ターボエンジン(最高出力116ps、最大トルク200Nm)を搭載した「30 TFSIスポーツ」グレードをベースに、装備を強化した特別仕様車である。

エクステリアには、ブラックスタイリングパッケージ(シングルフレームグリルやフロント/リアバンパー)を装着し、Cピラーのブレードをマットチタングレーでコーディネート。足元はコントラストグレーの5アームダイナミックデザイン18インチアルミホイールで飾っている。

インテリアには、液晶メーターの「バーチャルコックピット」と、スマートフォンインターフェイスを備えた「MMIナビゲーション」が備わる。

このほか、アダプティブクルーズコントロールやレーンアシストなどからなる先進運転支援システム「アシスタンスパッケージ」も装備する。

ボディーカラーは「グレイシアホワイトメタリック」「ミトスブラックメタリック」「クワンタムグレー」「タンゴレッドメタリック」の全4色の設定で、価格は451万円。

(webCG)

関連キーワード:
Q2, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディが「Q2」の仕様を変更、安全装備の設定を拡大 2018.9.20 自動車ニュース アウディがコンパクトSUV「Q2」の仕様を変更。エントリーグレード「30 TFSI」にも自動緊急ブレーキやレイン/ライトセンサーを採用したほか、上位2グレードにはQ2として初めて「S lineパッケージ」を設定した。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る