ポルシェが新型「911カブリオレ」の価格を発表

2019.02.13 自動車ニュース
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ拡大

ポルシェ ジャパンは2019年2月12日、同年1月9日にデビューした新型「911カブリオレ」の日本での価格を発表するとともに、予約受注を開始した。

電動ソフトトップを採用し、開閉はそれぞれ12秒でアクションが完了する。
電動ソフトトップを採用し、開閉はそれぞれ12秒でアクションが完了する。拡大
0-100km/h加速3.8秒、最高速304km/hという実力を持つ「911カレラ4Sカブリオレ」。
0-100km/h加速3.8秒、最高速304km/hという実力を持つ「911カレラ4Sカブリオレ」。拡大

911カブリオレは、2018年11月開催のロサンゼルスモーターショーで発表された「タイプ992」と呼ばれる、第8世代911初となるバリエーションである。従来モデルに続き、ガラス製リアウィンドウを備えた電動ソフトトップを採用。このソフトトップはわずか12秒でオープン/クローズの動作が完了し、50km/hまでであれば走行時も開閉が行える。

後輪駆動モデルの「911カレラSカブリオレ」と、四輪駆動の「911カレラ4Sカブリオレ」という2バリエーションをラインナップしており、両モデルとも、右ハンドル、8段ATのみの設定となる。

価格は以下の通り。

  • 911カレラSカブリオレ:1891万円
  • 911カレラ4Sカブリオレ:1997万円

なお、日本でのデリバリーの時期は、決定し次第発表される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
911カブリオレ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • ポルシェが新型「911ターボS」を発表 最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル 2020.3.4 自動車ニュース ポルシェが新型「911ターボS」を発表。最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、4WDシステムの改良や空力性能の改善とも相まって、0-100km/h加速2.7秒、最高速330km/hという動力性能を実現している。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る