ポルシェが新型「911カブリオレ」の価格を発表

2019.02.13 自動車ニュース
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ拡大

ポルシェ ジャパンは2019年2月12日、同年1月9日にデビューした新型「911カブリオレ」の日本での価格を発表するとともに、予約受注を開始した。

電動ソフトトップを採用し、開閉はそれぞれ12秒でアクションが完了する。
電動ソフトトップを採用し、開閉はそれぞれ12秒でアクションが完了する。拡大
0-100km/h加速3.8秒、最高速304km/hという実力を持つ「911カレラ4Sカブリオレ」。
0-100km/h加速3.8秒、最高速304km/hという実力を持つ「911カレラ4Sカブリオレ」。拡大

911カブリオレは、2018年11月開催のロサンゼルスモーターショーで発表された「タイプ992」と呼ばれる、第8世代911初となるバリエーションである。従来モデルに続き、ガラス製リアウィンドウを備えた電動ソフトトップを採用。このソフトトップはわずか12秒でオープン/クローズの動作が完了し、50km/hまでであれば走行時も開閉が行える。

後輪駆動モデルの「911カレラSカブリオレ」と、四輪駆動の「911カレラ4Sカブリオレ」という2バリエーションをラインナップしており、両モデルとも、右ハンドル、8段ATのみの設定となる。

価格は以下の通り。

  • 911カレラSカブリオレ:1891万円
  • 911カレラ4Sカブリオレ:1997万円

なお、日本でのデリバリーの時期は、決定し次第発表される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
911カブリオレ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
ホームへ戻る