「2.0」から「40」「50」へ
アウディのモデル名に付された数字を読み解く

2019.02.20 デイリーコラム

排気量隠しを進めるアウディ

2019年2月19日、ついにというか、やっとというか、待ちに待ったクリーンディーゼル車がアウディ ジャパンから発売になった。アウディが日本市場にクリーンディーゼルを導入するという話は10年以上前からあって、2008年にカナダで開催された国際試乗会に参加したのがいまでも懐かしい。

その後、紆余(うよ)曲折を経て、日本での発売にいたるわけだが、記念すべき第1号の「アウディQ5 40 TDIクワトロ スポーツ」をひとあし先に試した印象は期待以上で、今後、Q5の販売はこのTDIが中心になるに違いないと確信する仕上がりだった。

2019年は販売台数を増加に転じさせたいアウディ ジャパンにとってTDIの導入はいい材料になりそうだが、そんなアウディで最近気になっていることがある。2018年途中から、五月雨式にモデル名が変わっていることだ。例えばQ5の場合、2017年の導入当初は2リッター直列4気筒直噴ガソリンターボ(2.0 TFSI)を搭載するグレードは「Q5 2.0 TFSIクワトロ」だった。ところが現在は「Q5 45 TFSIクワトロ」に変わっている。排気量が謎の2桁の数字に置き換えられているのだ。TDIを搭載するグレードも、導入時期が早ければ「Q5 2.0 TDIクワトロ」だったはずだ。他にも、Qファミリーの末っ子は「Q2 30 TFSI」に変わっているし、フラッグシップサルーンは「A8 L 60 TFSIクワトロ」を名乗るなど“排気量隠し”が進むアウディなのである。

2019年2月19日に発売された「アウディQ5 40 TDIクワトロ スポーツ」。日本に正規導入されるアウディのディーゼルモデルとしては、1980年の「アウディ100 L 5D」以来になるという(当時の輸入代理店はヤナセ)。
2019年2月19日に発売された「アウディQ5 40 TDIクワトロ スポーツ」。日本に正規導入されるアウディのディーゼルモデルとしては、1980年の「アウディ100 L 5D」以来になるという(当時の輸入代理店はヤナセ)。拡大
2桁数字を付与するネーミングルールは、日本では2018年9月発売の新型「A7スポーツバック」(写真)と「A8」から導入されている。
2桁数字を付与するネーミングルールは、日本では2018年9月発売の新型「A7スポーツバック」(写真)と「A8」から導入されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事