ハーレーダビッドソンが「エレクトラグライド スタンダード」を発売

2019.03.05 自動車ニュース
ハーレーダビッドソン・エレクトラグライド スタンダード
ハーレーダビッドソン・エレクトラグライド スタンダード拡大

ハーレーダビッドソン ジャパンは2019年3月5日、新型の大型二輪モデル「エレクトラグライド スタンダード」の予約販売を開始した。

 
ハーレーダビッドソンが「エレクトラグライド スタンダード」を発売の画像拡大
 
ハーレーダビッドソンが「エレクトラグライド スタンダード」を発売の画像拡大
 
ハーレーダビッドソンが「エレクトラグライド スタンダード」を発売の画像拡大
 
ハーレーダビッドソンが「エレクトラグライド スタンダード」を発売の画像拡大

シンプルな装備とデザインが魅力の大型ツアラー

エレクトラグライド スタンダードは、ハーレーダビッドソンの中でもツアラー性能を高めた上級モデルにあたる、「ツーリング」ファミリーの新製品であり、シンプルさを追求した装備やスタイリングを特徴としている。

パワーユニットには、排気量1745ccのV型2気筒エンジン「ミルウォーキーエイト107」を採用。風圧軽減に適した“バットウイング・フェアリング”やクロームトリム、サドルバッグ、キャストアルミホイールなどによってツーリングファミリーならではのスタイリングを実現している。

カラーバリエーションは「ビビッドブラック」の1種類のみ。各部のアクセントにはクロームを用い、カムやダービーカバーなどをブラックアウトすることで、伝統的なカラーコンビネーションとモダンなスタイリングを両立させている。

また、装備については、クルーズコントロールや手動エマルジョンリアショックアブソーバー、デュアルベンディングバルブサスペンションを備えた49mmのフロントフォーク、ABS、セキュリティーシステムなどを標準で採用。インフォテインメントシステム「BOOM! BOX GTS」を非設定とするなどして、価格を抑えているという。

価格は290万5200円。デリバリー開始は2019年5月の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
エレクトラグライド スタンダード, ハーレーダビッドソン, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハーレーダビッドソン・パン アメリカ1250スペシャル/パン アメリカ1250【試乗記】 2021.7.14 試乗記 あのハーレーダビッドソンから、まさかのアドベンチャーモデル「パン アメリカ1250」が登場。アメリカの大自然が鍛えたブランド初のオフローダーは、“これが初出”とは思えないほどに高い完成度を誇るバイクに仕上がっていた。
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
  • ヤマハMT-09 SP ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.9 試乗記 アグレッシブな走りとスタイリングが自慢の、ヤマハのネイキッドスポーツモデル「MT-09」がフルモデルチェンジ。高い機動性に加え、上質なライドフィールも得た新型は、ヤマハ製スポーツバイクのスタンダードと呼べるマシンに仕上がっていた。
  • ホンダ・レブル1100 Dual Clutch Transmission(6AT)【レビュー】 2021.7.1 試乗記 大人気の「レブル250」をそのまま大きくしたかのような、ホンダの新型バイク「レブル1100」。自動変速が可能なそのATバージョンは、乗り手やステージを選ぶことのない、懐の深い走りを味わわせてくれた。
  • ヤマハMT-07 ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.22 試乗記 高い機能性と軽快に回るエンジンで人気を博す、ヤマハの中量級スポーツモデル「MT-07」がマイナーチェンジ。兄貴分「MT-09」ゆずりのスタイリングとなった改良型は、どのような進化を遂げたのか? サーキットで行われた試乗会から、その仕上がりを報告する。
ホームへ戻る