【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場

2019.03.05 自動車ニュース
GRスープラGT4コンセプト
GRスープラGT4コンセプト拡大

トヨタ自動車は第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)において、「GRスープラGT4コンセプト」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大

今回のGRスープラGT4コンセプトは、新型車「GRスープラ」をベースとしたレーシングスタディーとして製作されたもの。GRスープラを活用したカスタマーモータースポーツの可能性を検討するため、同社の欧州におけるモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4460×1855×1250mm。フロントには3リッター直6ターボエンジンが搭載される。市販車をベースに軽量化が図られており、ロールケージ、サスペンション、ブレーキ、リアウイングなどのレース専用部品が装着されている。

GT4は欧州や米国でも人気を博しているカスタマーモータースポーツカテゴリーのひとつで、市販車に改造を加えたレース仕様車をユーザーが購入することにより、スーパー耐久シリーズやニュルブルクリンク耐久シリーズなど世界中のさまざまなレースへの参戦が可能となる。

トヨタは、「GRスープラは市販車においても軽量、低重心、高剛性などの性能を有しており、カスタマーモータースポーツのベース車両としてもふさわしいクルマである」としたうえで、2019年のNASCARエクスフィニティシリーズ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(SP8Tクラスを予定)、さらに2020年のSUPER GT(GT500クラス)への参戦計画を明らかにしている。

(webCG)

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
ホームへ戻る