【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場

2019.03.05 自動車ニュース
GRスープラGT4コンセプト
GRスープラGT4コンセプト拡大

トヨタ自動車は第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)において、「GRスープラGT4コンセプト」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大

今回のGRスープラGT4コンセプトは、新型車「GRスープラ」をベースとしたレーシングスタディーとして製作されたもの。GRスープラを活用したカスタマーモータースポーツの可能性を検討するため、同社の欧州におけるモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4460×1855×1250mm。フロントには3リッター直6ターボエンジンが搭載される。市販車をベースに軽量化が図られており、ロールケージ、サスペンション、ブレーキ、リアウイングなどのレース専用部品が装着されている。

GT4は欧州や米国でも人気を博しているカスタマーモータースポーツカテゴリーのひとつで、市販車に改造を加えたレース仕様車をユーザーが購入することにより、スーパー耐久シリーズやニュルブルクリンク耐久シリーズなど世界中のさまざまなレースへの参戦が可能となる。

トヨタは、「GRスープラは市販車においても軽量、低重心、高剛性などの性能を有しており、カスタマーモータースポーツのベース車両としてもふさわしいクルマである」としたうえで、2019年のNASCARエクスフィニティシリーズ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(SP8Tクラスを予定)、さらに2020年のSUPER GT(GT500クラス)への参戦計画を明らかにしている。

(webCG)

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGR 86 2021.4.5 画像・写真 トヨタが「GR 86」を世界初公開。外装は「トヨタ86」の面影を残しつつパネル類を全面刷新。運転のしやすさに配慮してMT仕様とAT仕様でセンターコンソールの高さを変えるなど、内装にも工夫が凝らされている。2021年秋発売予定の新型スポーツカーを写真で紹介する。
  • 新型「スバルBRZ」&「トヨタGR 86」の味つけの違いを読み解く 2021.4.14 デイリーコラム 新型「スバルBRZ」と「トヨタGR 86」がデビューした。よく知られている通り2台は基本コンポーネンツを共有する兄弟車だが、乗り味まで同じだったらどちらかが存在すれば十分だ。トヨタとスバル、それぞれの味つけの違いを読み解く。
  • 「トヨタGR 86」と新型「スバルBRZ」 新しいスポーツカーの誕生から協業の成果を思う 2021.4.16 デイリーコラム トヨタとスバルが、「GR 86/BRZ」の開発者によるオンライントークショーを共同開催! 類例のない共催イベントと、そこで語られた内容からは、企業風土もモノづくりへのアプローチも異なる2社による、協業の“今”を垣間見ることができた。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
  • トヨタがスポーツカー「GR 86」を世界初公開 「トヨタ86」の後継を担い2021年秋に登場 2021.4.5 自動車ニュース トヨタが「GR 86」を世界初公開した。スバルと共同開発した水平対向エンジンのスポーツカーで、従来型の「トヨタ86」より排気量を拡大した2.4リッターの新型エンジンを搭載。日本での発売時期は、2021年秋ごろの予定となっている。
ホームへ戻る