【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場

2019.03.05 自動車ニュース
GRスープラGT4コンセプト
GRスープラGT4コンセプト拡大

トヨタ自動車は第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)において、「GRスープラGT4コンセプト」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】レース用モデル「GRスープラGT4コンセプト」登場の画像拡大

今回のGRスープラGT4コンセプトは、新型車「GRスープラ」をベースとしたレーシングスタディーとして製作されたもの。GRスープラを活用したカスタマーモータースポーツの可能性を検討するため、同社の欧州におけるモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4460×1855×1250mm。フロントには3リッター直6ターボエンジンが搭載される。市販車をベースに軽量化が図られており、ロールケージ、サスペンション、ブレーキ、リアウイングなどのレース専用部品が装着されている。

GT4は欧州や米国でも人気を博しているカスタマーモータースポーツカテゴリーのひとつで、市販車に改造を加えたレース仕様車をユーザーが購入することにより、スーパー耐久シリーズやニュルブルクリンク耐久シリーズなど世界中のさまざまなレースへの参戦が可能となる。

トヨタは、「GRスープラは市販車においても軽量、低重心、高剛性などの性能を有しており、カスタマーモータースポーツのベース車両としてもふさわしいクルマである」としたうえで、2019年のNASCARエクスフィニティシリーズ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(SP8Tクラスを予定)、さらに2020年のSUPER GT(GT500クラス)への参戦計画を明らかにしている。

(webCG)

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • 【オートモビル カウンシル2019】トヨタが新旧「スープラ」を展示 2019.4.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年4月5日、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)において、「Neo Classic 80's」をテーマとするトヨタ博物館のブースを出展した。
  • スバルが「BRZ」のボディーカラーを変更 2019.4.9 自動車ニュース スバルが「BRZ」のボディーカラーの設定を変更。新たに「マグネタイトグレー・メタリック」を採用した。「レガシィB4/アウトバック」にも採用されているボディーカラーで、これにともない、従来の「ダークグレー・メタリック」は廃止されることとなった。
  • スバル、ターボエンジンを搭載したBRZを発表【ニューヨークショー2015】 2015.4.2 自動車ニュース STIの事業内容を1台で表現。「スバルBRZ」にターボエンジンのコンセプトカー。
ホームへ戻る