歴代のV8モデルをオマージュ!
「フェラーリF8トリブート」を読み解く

2019.03.20 デイリーコラム

「ディーノ308GT4」に始まるV8モデルの歴史

フェラーリは今年、ジュネーブモーターショーで「F8トリブート」を初公開したが、そのモデル名に称賛や感謝、賛辞などの意味を持つ“Tributo”を冠し、「デザインの端々に歴代のV8フェラーリへのオマージュが込められている」と明かしたことに関心を抱かれた方も少なくないだろう。

F8トリブートのスタイリングを見ると、確かに「488GTB」まで継承されてきたテイストを刷新した印象を受ける。最も顕著なのが、F1由来の空力デバイスの進化系という「S-Duct」を用いたことと、リアエンドにブロウンスポイラーを備え、さらなる空力改善を図ったことだ。さらに、これまでの3桁の数字を連ねた伝統的なネーミングスタイルから脱し、“F8”と“フェラーリの8気筒”を意味するものに変わった。これらによって、すべてが一新された印象を与えている。

だが、その一方で、4灯式の丸形テールランプを復活させるなど、「歴代モデルをオマージュ……」などとうたったことにはどのような意味が込められているのだろうか。V8ミドエンジンフェラーリの歩みをたどりながら、“オマージュ”の源を探ってみたいと思う。

現在のV8エンジン搭載ロードカーの祖は、今から46年前の1973年に登場した「ディーノ308GT4」だ。それまでV8エンジンを用いていたのはレース用モデル(F1とスポーツカー)に限られ、1947年の創業以来、ロードカーにはV12を貫いてきた。唯一の例外がフィアットと共有したV6をミドに搭載した“ディーノ”シリーズだけで、この時期にはフェラーリの名を冠することができるのはV12だけであり、それが主流との位置付けであった。

ディーノ308GT4はミドシップレイアウトながら、エンジンの横置き搭載によって2+2とした、新しい試みのモデルだった。1975年にはその派生型として、待望の2座席モデルである「フェラーリ308GTB」が投入された。すなわち、創業から26年目にして、初めてフェラーリ名を冠した8気筒車が登場したことになる。ディーノ308GT4のデビューから数えれば、2019年でV8の歴史は46年におよび、かつては異端だった8気筒エンジンは、今や(だいぶ前からだが)、フェラーリの屋台骨を支えるパワーソースになった。

2019年のジュネーブモーターショーでお披露目された「フェラーリF8トリブート」。
2019年のジュネーブモーターショーでお披露目された「フェラーリF8トリブート」。拡大
「F8トリブート」のリアビュー。
「F8トリブート」のリアビュー。拡大
フェラーリ488GTB
フェラーリ488GTB拡大
ディーノ308GT4
ディーノ308GT4拡大
フェラーリ308GTB
フェラーリ308GTB拡大
フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
ホームへ戻る