クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

歴代のV8モデルをオマージュ!
「フェラーリF8トリブート」を読み解く

2019.03.20 デイリーコラム

「ディーノ308GT4」に始まるV8モデルの歴史

フェラーリは今年、ジュネーブモーターショーで「F8トリブート」を初公開したが、そのモデル名に称賛や感謝、賛辞などの意味を持つ“Tributo”を冠し、「デザインの端々に歴代のV8フェラーリへのオマージュが込められている」と明かしたことに関心を抱かれた方も少なくないだろう。

F8トリブートのスタイリングを見ると、確かに「488GTB」まで継承されてきたテイストを刷新した印象を受ける。最も顕著なのが、F1由来の空力デバイスの進化系という「S-Duct」を用いたことと、リアエンドにブロウンスポイラーを備え、さらなる空力改善を図ったことだ。さらに、これまでの3桁の数字を連ねた伝統的なネーミングスタイルから脱し、“F8”と“フェラーリの8気筒”を意味するものに変わった。これらによって、すべてが一新された印象を与えている。

だが、その一方で、4灯式の丸形テールランプを復活させるなど、「歴代モデルをオマージュ……」などとうたったことにはどのような意味が込められているのだろうか。V8ミドエンジンフェラーリの歩みをたどりながら、“オマージュ”の源を探ってみたいと思う。

現在のV8エンジン搭載ロードカーの祖は、今から46年前の1973年に登場した「ディーノ308GT4」だ。それまでV8エンジンを用いていたのはレース用モデル(F1とスポーツカー)に限られ、1947年の創業以来、ロードカーにはV12を貫いてきた。唯一の例外がフィアットと共有したV6をミドに搭載した“ディーノ”シリーズだけで、この時期にはフェラーリの名を冠することができるのはV12だけであり、それが主流との位置付けであった。

ディーノ308GT4はミドシップレイアウトながら、エンジンの横置き搭載によって2+2とした、新しい試みのモデルだった。1975年にはその派生型として、待望の2座席モデルである「フェラーリ308GTB」が投入された。すなわち、創業から26年目にして、初めてフェラーリ名を冠した8気筒車が登場したことになる。ディーノ308GT4のデビューから数えれば、2019年でV8の歴史は46年におよび、かつては異端だった8気筒エンジンは、今や(だいぶ前からだが)、フェラーリの屋台骨を支えるパワーソースになった。

2019年のジュネーブモーターショーでお披露目された「フェラーリF8トリブート」。
2019年のジュネーブモーターショーでお披露目された「フェラーリF8トリブート」。拡大
「F8トリブート」のリアビュー。
「F8トリブート」のリアビュー。拡大
フェラーリ488GTB
フェラーリ488GTB拡大
ディーノ308GT4
ディーノ308GT4拡大
フェラーリ308GTB
フェラーリ308GTB拡大

新興勢力にはない“財産”

V8ミドエンジンモデルの進化の過程には、いくつかの技術的マイルストーンが存在している。特に顕著なものは、エンジンを横置きから縦置きに改めたこと(「348」以降)と、限定版の超高性能モデルを派生したこと(「288GTO」と「F40」)、そして、環境に配慮してダウンサイジングエンジンとターボチャージャーを備えたこと(「488」シリーズ)、これらの3点だろう。中でもフェラーリV8がV12の脇に控える存在ではなく、限りない可能性を秘めている事実を強烈にアピールしたのがF40だ。

1987年に登場したF40は、さながらグループCカーを公道用に仕立て上げたかのような、強烈極まりない“マシン”であり、2.9リッターツインターボエンジンは、478psと577Nmという、当時としては圧倒的なパワーを誇った。このF40の存在が、それ以降のV8モデルのスポーツパフォーマンスの向上に大きく影響を与えることになったのは紛れもない事実だ。1994年に登場した「F355」は、フェラーリの牙城を脅かすように誕生したライバルを一蹴するパワーとハンドリングを高い次元で融合した秀作であり、これが現代のV8ミドエンジンモデルの魅力である鋭敏なスポーティーマインドの源流といっても過言ではない。

約半世紀にわたって連綿と続いたV8ミドエンジン2座モデルは、すでに機構的にはほぼ完成の域に達していると考えてもよさそうだ。基本的には毎年、改良を加えることで、その地位を確固たるものとしていて、新型は確実に前のモデルより進化し、パワフルに、かつスタイリッシュになっている。だが、これは私見だが、マクラーレンに代表される新興勢力に対して、老舗としてはなんらかの性能面だけでないアピールが必要と考え、F8トリブートでは、歴史を盛り込んだのではなかろうか。

F8トリブートは、F40のそれをモチーフとしたというレキサン製のルーバーを備えたリアウィンドウを備えている。720psを発生する3.9リッターV8ツインターボエンジンの膨大な廃熱を効率よく発散し、さらにボディーリアセクションの空力特性を向上させようと意図した結果のメカニズムだが、それを臆面もなく偉大なアイコンであるF40に結びつけてしまったところが、いかにも伝統と革新を積み重ねてきたフェラーリらしい、心憎いアピールではあるまいか。

(文=伊東和彦<Mobi-curators Labo.>/写真=フェラーリ/編集=藤沢 勝)

フェラーリ348スパイダー
フェラーリ348スパイダー拡大
フェラーリ288GTO
フェラーリ288GTO拡大
フェラーリF40
フェラーリF40拡大
フェラーリF355
フェラーリF355拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ F8トリブート の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。