歴代のV8モデルをオマージュ!
「フェラーリF8トリブート」を読み解く

2019.03.20 デイリーコラム

「ディーノ308GT4」に始まるV8モデルの歴史

フェラーリは今年、ジュネーブモーターショーで「F8トリブート」を初公開したが、そのモデル名に称賛や感謝、賛辞などの意味を持つ“Tributo”を冠し、「デザインの端々に歴代のV8フェラーリへのオマージュが込められている」と明かしたことに関心を抱かれた方も少なくないだろう。

F8トリブートのスタイリングを見ると、確かに「488GTB」まで継承されてきたテイストを刷新した印象を受ける。最も顕著なのが、F1由来の空力デバイスの進化系という「S-Duct」を用いたことと、リアエンドにブロウンスポイラーを備え、さらなる空力改善を図ったことだ。さらに、これまでの3桁の数字を連ねた伝統的なネーミングスタイルから脱し、“F8”と“フェラーリの8気筒”を意味するものに変わった。これらによって、すべてが一新された印象を与えている。

だが、その一方で、4灯式の丸形テールランプを復活させるなど、「歴代モデルをオマージュ……」などとうたったことにはどのような意味が込められているのだろうか。V8ミドエンジンフェラーリの歩みをたどりながら、“オマージュ”の源を探ってみたいと思う。

現在のV8エンジン搭載ロードカーの祖は、今から46年前の1973年に登場した「ディーノ308GT4」だ。それまでV8エンジンを用いていたのはレース用モデル(F1とスポーツカー)に限られ、1947年の創業以来、ロードカーにはV12を貫いてきた。唯一の例外がフィアットと共有したV6をミドに搭載した“ディーノ”シリーズだけで、この時期にはフェラーリの名を冠することができるのはV12だけであり、それが主流との位置付けであった。

ディーノ308GT4はミドシップレイアウトながら、エンジンの横置き搭載によって2+2とした、新しい試みのモデルだった。1975年にはその派生型として、待望の2座席モデルである「フェラーリ308GTB」が投入された。すなわち、創業から26年目にして、初めてフェラーリ名を冠した8気筒車が登場したことになる。ディーノ308GT4のデビューから数えれば、2019年でV8の歴史は46年におよび、かつては異端だった8気筒エンジンは、今や(だいぶ前からだが)、フェラーリの屋台骨を支えるパワーソースになった。

2019年のジュネーブモーターショーでお披露目された「フェラーリF8トリブート」。
2019年のジュネーブモーターショーでお披露目された「フェラーリF8トリブート」。拡大
「F8トリブート」のリアビュー。
「F8トリブート」のリアビュー。拡大
フェラーリ488GTB
フェラーリ488GTB拡大
ディーノ308GT4
ディーノ308GT4拡大
フェラーリ308GTB
フェラーリ308GTB拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • フェラーリP80/C 2019.4.1 画像・写真 伊フェラーリは2019年3月25日(現地時間)、レーシングモデル「488GT3」をベースとしたワンオフモデル「P80/C」を公開した。「フェラーリ・ワンオフ・プログラム」の最新作となった同モデルを写真で紹介する。
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
ホームへ戻る