第561回:ホンダの未来を担うハイブリッドシステム
「スポーツハイブリッドi-MMD」の実力と可能性

2019.03.16 エディターから一言
試乗会場の「交通教育センターレインボー浜名湖」に並べられた「ホンダ・インサイト」。
試乗会場の「交通教育センターレインボー浜名湖」に並べられた「ホンダ・インサイト」。拡大

ホンダが次世代パワープラントの主力と考えている、2モーター式のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」。静岡・浜松の生産工場の取材を通し、その進化の道程と、ほかのハイブリッド機構にはない特徴を紹介する。

静岡・浜松に位置するトランスミッション製造部。「i-MMD」の「モーター搭載ミッション」もここで製造される。
静岡・浜松に位置するトランスミッション製造部。「i-MMD」の「モーター搭載ミッション」もここで製造される。拡大
まずはワイヤーを切断し、4本1セットで成形。ちなみに、ひとつのステータにはこのワイヤーが288本挿入される。
まずはワイヤーを切断し、4本1セットで成形。ちなみに、ひとつのステータにはこのワイヤーが288本挿入される。拡大
ステータコアと内部で回転するローターは、1枚の金属板から打ち出されたパーツを何枚も積み重ねてつくる。こちらはステータコアのワイヤーを挿す穴に絶縁紙を挿し込む工程。
ステータコアと内部で回転するローターは、1枚の金属板から打ち出されたパーツを何枚も積み重ねてつくる。こちらはステータコアのワイヤーを挿す穴に絶縁紙を挿し込む工程。拡大
ワイヤーを挿したら、反対側から飛び出た部分を折り曲げ、隣り合うワイヤー同士の先端をTIG溶接。三相ケーブルを取り付け、回路を完成させる。
ワイヤーを挿したら、反対側から飛び出た部分を折り曲げ、隣り合うワイヤー同士の先端をTIG溶接。三相ケーブルを取り付け、回路を完成させる。拡大
銅線部分を粉体の入った釜につけて絶縁し、ワニスでワイヤーを固めたらステータの完成である。
銅線部分を粉体の入った釜につけて絶縁し、ワニスでワイヤーを固めたらステータの完成である。拡大

浜松といえば餃子だが

静岡・浜松と聞いて、私が真っ先に思い浮かべるのは“餃子(ぎょうざ)”。地元の人に案内された知る人ぞ知る名店はメニューにライスがなく、ただひたすら餃子を食べるという硬派なスタイルだが、甘みのある独特のうまさに衝撃を受け、仕事で浜松を訪れると、まずはそのお店で昼食を取るのが恒例になっている。円形に並べて焼かれた餃子と真ん中に添えられたもやしを思い浮かべていたら、よだれが出てきた。

そんな浜松で、ホンダのハイブリッドのひとつであるスポーツハイブリッドi-MMDの試乗イベントがあると聞き、「どうして浜松なんだ?」と思った私は、明らかに勉強不足だった。もちろんホンダ発祥の地が浜松ということくらいは知っている。でも、i-MMDを構成する「モーター搭載ミッション」が、浜松にある「トランスミッション製造部」でつくられているとは知らなかったのだ。

1954年(昭和29年)に設立された「浜松製作所」の流れをくむこのトランスミッション製造部を見るのも、当然これが初めてだ。ここでは2014年にi-MMD用モーターの生産が開始され、現在は4つのラインが稼働。さらに5番目のラインも生産開始に向けて準備が進められていた。

この日はモーターの「ステータ」と呼ばれるパーツをつくるラインを見学。ステータには電流を流して磁界を発生させる巻線が収められているが、角断面のワイヤを裁断し、4本1セットとなったワイヤを決められた形状に加工。それをステータ内に正確に配置し、ワイヤをつなげていくという工程を見ることができた。

車両の組立工場と違って、人はまばらで比較的静かというのがとても印象的。そして、できあがったステータに並ぶワイヤが、浜松餃子をほうふつとさせる美しい円形だったことに目がくぎ付けになった。これから、i-MMDのクルマを運転するたびに、浜松餃子を思い出すに違いない。

あなたにおすすめの記事
新着記事