トヨタとソフトバンクの強力タッグ
MONETがMaaSの未来を切り開く

2019.04.01 デイリーコラム

多数の企業や自治体が参加を表明

2019年3月28日、トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)による「MONET SUMMIT」が開催され、「日野自動車および本田技研工業との資本・業務提携」「MONETコンソーシアム設立」という2つのニュースが発表された。イベント冒頭には、短時間であったもののトヨタの豊田章男社長がサプライズで登場。全国280もの自治体関係者や、コンソーシアムに名を連ねる90ほどの企業関係者が参加する、盛況なイベントとなった。

モネ・テクノロジーズは、昨年(2018年)10月に電撃的に発表された、トヨタとソフトバンクの戦略的提携で生まれた企業だ。事業内容はMaaS。MaaSとは「Mobility as a Service」の略で、移動そのものをサービスにするという意味である。トヨタは、これにモビリティーサービス用の次世代自動運転車「e-Palette(イーパレット)」を組み合わせた「Autono-MaaS」事業の展開を予定している。モネ・テクノロジーズは、この新しいビジネスを実現するために設立されたのだ。

具体的には、自動運転車両と利用者、第3のサービス提供者、自治体などを結び付けるプラットフォームの開発と運営がモネ・テクノロジーズの仕事となる。2023年のイーパレットの市場投入にあわせ、サービスをスタートさせるという。

まだ設立から数カ月しかたっていないが、モネ・テクノロジーズはすでに全国150ほどの自治体との話し合いを持ち、豊田市や東京・丸の内などで実証実験を実施。全国17の自治体との連携も発表している。高齢化や人手不足などに悩む地方都市も、Autono-MaaS事業に大きな期待を寄せているといっていいだろう。

モネ・テクノロジーズの宮川潤一社長兼CEO。
モネ・テクノロジーズの宮川潤一社長兼CEO。拡大
イベントにはトヨタ自動車の豊田章男社長もサプライズで登場。激励の言葉を送った。
イベントにはトヨタ自動車の豊田章男社長もサプライズで登場。激励の言葉を送った。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事