電気だけがホントに正解なのか?
今日におけるEVムーブメントの問題点

2019.04.08 デイリーコラム

さまざまな課題を先送りにして進むEVの普及

「メルセデス・ベンツEQC」に「アウディe-tron」「ジャガーIペース」「ポルシェ・タイカン」と、このところ量販ピュアEV(=電気自動車)登場のニュースが喧(かまびす)しい。この動きは、よりコンパクトで安価なモデルを軸足とするブランドへと拡大しながら、この先も加速していくこと間違いなし。2019年は、ピュアEVの普及が新しいステージに移行した年として記憶されることになりそうだ。

ただ、こうした動きが目立っているのは、バッテリーの性能や充電インフラといった、これまでネックとされてきた問題に決定的な解決策が見つかったから……ではない。むしろ、最近では航続距離延長のために大量のバッテリーを積むことが一般的となったため、従前のインフラでは「充電に時間がかかり過ぎる」という問題があらためてクローズアップされている。

かねての課題を先送りにしながら、ピュアEVが次々に登場しているのは、それが“待ったナシ”のタイミングに至っているからにほかならない。

一時期は完全に悪者あつかいされていたディーゼルユニットを含め、大気汚染物質の浄化になんとかめどをつけてきた内燃機関。しかし今、有害成分に次いで問題視されているのは、同じ排ガス中の二酸化炭素(CO2)である。かつては“無臭・無色で無毒”と扱われていたこの成分も、今や地球温暖化の主因というのが定説。「物を燃やしてCO2を発生させるのは悪」という時代になると、内燃機関にはもはや打つ手がない。

一方、少なくとも走行時のCO2排出量はゼロとなるピュアEVは、排出量規制の強化が進む昨今において、排出量のメーカー平均値を劇的に下げられる特効薬である。特に、そのデータが規制値を超えた場合は罰金を支払わなければならない欧州地域では、「エンジン車の販売を続ける免罪符」と解釈することもできるわけだ。

かくして、CO2排出量削減の救世主として脚光を浴びているピュアEVだが、残念ながらすべての点で優等生というわけにはいかない。

2018年9月に発表された「メルセデス・ベンツEQC」。450km(NEDCモード)という一充電走行可能距離をかなえるために、80kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載している。
2018年9月に発表された「メルセデス・ベンツEQC」。450km(NEDCモード)という一充電走行可能距離をかなえるために、80kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載している。拡大
ドイツ勢より一足早く日本に導入された「ジャガーIペース」。WLTCモード計測で438kmという一充電走行可能距離を実現しているが、その分充電にかかる時間は長くなっており、CHAdeMO規格の急速充電器(50kW)で0%から80%まで充電するのに、約85分の時間を要する。
ドイツ勢より一足早く日本に導入された「ジャガーIペース」。WLTCモード計測で438kmという一充電走行可能距離を実現しているが、その分充電にかかる時間は長くなっており、CHAdeMO規格の急速充電器(50kW)で0%から80%まで充電するのに、約85分の時間を要する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事