内外装を黒で統一した「メルセデス・ベンツGクラス」登場

2019.04.15 自動車ニュース
メルセデスAMG G63エディションマットブラック
メルセデスAMG G63エディションマットブラック拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年4月15日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63エディションマットブラック」を設定し、同年5月12日までの期間限定で注文受け付けを開始した。

 
内外装を黒で統一した「メルセデス・ベンツGクラス」登場の画像拡大

今回のメルセデスAMG G63エディションマットブラックは、最高出力585ps、最大トルク850Nmの4リッターV8直噴ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」をベースに、内外装をブラックでコーディネートした特別仕様車である。

エクステリアにはエディションマットブラック専用となる「デジーノマグノナイトブラック」のボディーカラーおよび22インチのマットブラックホイールを採用。さらにAMGナイトパッケージの装着により、通常モデルではクロームとなる前後バンパーのアクセントやスペアタイヤカバー、アンダーボディープロテクションがブラックに変更されるほか、ウインカーレンズとヘッドライト、リアコンビランプがダークティンテッド仕上げとなる。

インテリアには随所にカーボンパネルを採用している。

価格はベース車から244万円アップの2320万円。納車開始は4月下旬以降が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース