内外装を黒で統一した「メルセデス・ベンツGクラス」登場

2019.04.15 自動車ニュース
メルセデスAMG G63エディションマットブラック
メルセデスAMG G63エディションマットブラック拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年4月15日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63エディションマットブラック」を設定し、同年5月12日までの期間限定で注文受け付けを開始した。

 
内外装を黒で統一した「メルセデス・ベンツGクラス」登場の画像拡大

今回のメルセデスAMG G63エディションマットブラックは、最高出力585ps、最大トルク850Nmの4リッターV8直噴ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」をベースに、内外装をブラックでコーディネートした特別仕様車である。

エクステリアにはエディションマットブラック専用となる「デジーノマグノナイトブラック」のボディーカラーおよび22インチのマットブラックホイールを採用。さらにAMGナイトパッケージの装着により、通常モデルではクロームとなる前後バンパーのアクセントやスペアタイヤカバー、アンダーボディープロテクションがブラックに変更されるほか、ウインカーレンズとヘッドライト、リアコンビランプがダークティンテッド仕上げとなる。

インテリアには随所にカーボンパネルを採用している。

価格はベース車から244万円アップの2320万円。納車開始は4月下旬以降が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • 徹底したキープコンセプトは何のため?
    新型「Gクラス」の開発キーマンに話を聞いた
    2018.6.13 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された新型「メルセデス・ベンツGクラス」。“孤高のオフローダー”が、40年ぶりのフルモデルチェンジによって手にしたもの、そして失ったものとは!? 本国ドイツで開発を主導したミヒャエル・ベルンハルト氏に話を聞いた。
ホームへ戻る