「スマート・フォーツー」にガソリンモデル最後の限定車が登場

2019.04.19 自動車ニュース
スマート・フォーツー ブラックシルバー エディション
スマート・フォーツー ブラックシルバー エディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年4月19日、コンパクトカー「スマート・フォーツー」の特別仕様車「ブラックシルバー エディション」と「カブリオ ホワイトブラウン エディション」を、計80台の台数限定で販売すると発表した。

「スマート・フォーツー ブラックシルバー エディション」のインテリア。「スマートBRABUS tailor made」プログラム専用となるシフトノブやパーキングブレーキノブ、ステップカバー、スポーツペダルなどを装備している。
「スマート・フォーツー ブラックシルバー エディション」のインテリア。「スマートBRABUS tailor made」プログラム専用となるシフトノブやパーキングブレーキノブ、ステップカバー、スポーツペダルなどを装備している。拡大
スマート・カブリオ ホワイトブラウン エディション
スマート・カブリオ ホワイトブラウン エディション拡大

今回登場した特別仕様車は、最高出力90ps、最大トルク135Nmを発生する「スマート・フォーツーBRABUSスポーツ」の0.9リッター直3 DOHC ターボユニットを搭載。ブラックとマットシルバーを基調とした専用装備を採用するフォーツー クーペのブラックシルバー エディションを50台、ホワイトとブラウンを組み合わせた専用装備を持つカブリオ ホワイトブラウン エディションを30台販売する。

スマートは、次期モデルから電気自動車専用のブランドとなることがすでに発表されており、同モデルはガソリン車として最後の特別仕様車になるという。

ブラックシルバー エディションは、ブラックのボディーカラーにマットシルバーのアクセントを取り入れたスポーティーなエクステリアデザインが特徴。専用のエアロパーツやシルバーカラーのアルミホイール、クロームエキゾーストエンドなどを装備している。インテリアではブラックのファブリックシートや専用インテリアトリム、「BRABUS」のロゴ入りシフトノブ、ベロアマットなどを採用している。

カブリオ ホワイトブラウン エディションは、ホワイトのボディーカラーにブラウンのソフトトップを組み合わせたエクステリアが特徴で、「グレーマット」と呼ばれる専用カラーのアルミホイールやディフューザーを装備する。インテリアは、レザーツインシートやブラウンのダッシュボード、「BRABUS」のロゴとブラウンステッチの入ったベロアマットなどを採用している。

さらに、両モデルとも「スマートBRABUS tailor made」プログラム専用となるシフトノブやパーキングブレーキノブなども装備する。

価格は以下の通り。

  • スマート・フォーツー ブラックシルバー エディション:299万円
  • スマート・カブリオ ホワイトブラウン エディション:316万円

(webCG)

関連キーワード:
フォーフォー, フォーツーカブリオ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーフォー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ(RR/6AT)【試乗記】 2018.8.22 試乗記 よりパワフル、そしてスポーティーに仕立てられた、スマートの高性能バージョン「BRABUS」に試乗。今回のテスト車はリアシートを備えた4座の「フォーフォー」。スマートのミニマリズムに共感し、初代モデルを2台乗り継ぐ下野康史はどう評価する!?
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る