【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】ホンダは電源脱着式のバイクとコミューターを出展

2019.05.22 自動車ニュース
人とくるまのテクノロジー展2019 横浜における、ホンダブースの様子。
人とくるまのテクノロジー展2019 横浜における、ホンダブースの様子。拡大

本田技研工業は、2019年5月22~24日の会期で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」に、着脱式バッテリーを採用した電動モーターサイクル「PCXエレクトリック」と「ESMOコンセプト」を出展した。

「PCXエレクトリック」。モーターの最高出力は4.2kWで、一充電あたりの走行可能距離は41kmと公表される。
「PCXエレクトリック」。モーターの最高出力は4.2kWで、一充電あたりの走行可能距離は41kmと公表される。拡大
「PCXエレクトリック」のシート下には、「モバイルパワーパック」が前後に並ぶ。
「PCXエレクトリック」のシート下には、「モバイルパワーパック」が前後に並ぶ。拡大
「モバイルパワーパック」の重量は約10kg。写真のように専用充電器を使ってチャージする。車体に搭載したままでの充電も可能。
「モバイルパワーパック」の重量は約10kg。写真のように専用充電器を使ってチャージする。車体に搭載したままでの充電も可能。拡大
電動パーソナルモビリティー「ESMOコンセプト」(写真左)と、「モバイルパワーパック」の充電ステーション(同右)。
電動パーソナルモビリティー「ESMOコンセプト」(写真左)と、「モバイルパワーパック」の充電ステーション(同右)。拡大
プラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」のIPUのカットモデル。
プラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」のIPUのカットモデル。拡大

取り外せるのがミソ

ホンダブースの目玉は、「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」と名付けられた持ち運び可能なバッテリー。太陽光発電や風力発電といった自然由来の電力を蓄え、電動モビリティーから家電まで、生活に必要な電気機器の電源として多様なシーンで活用できるという。

具体的な用途として展示されたPCXエレクトリックは、スクーター型の電動モーターサイクルで、シート下にこの48V系のモバイルパワーパックを2つ搭載する。走行時はモバイルパワーパックを直列に接続しシステム電圧を96V系に変更。電力による損失を抑え、システム全体の効率を高めるとアピールされる。

モバイルパワーパックの充電は積載したままでも可能で、2個分の満充電には約6時間を要する。取り外した場合は、1つあたり約4時間で充電できる。

ESMOコンセプトは1人乗りの電動パーソナルモビリティーで、搭載可能なモバイルパワーパックは1つ。最高速は6km/hで、航続可能距離は約45kmとなっている。

このほかホンダのブースには、プラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」のメカニズムも展示された。

(webCG)

関連キーワード:
人とくるまのテクノロジー展2019 横浜, ホンダ, イベント, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事