「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売

2019.05.31 自動車ニュース
モンスタースポーツ・タフスタイル
モンスタースポーツ・タフスタイル拡大

タジマモーターコーポレーションのスズキ車を中心としたカスタマイズカー部門であるモンスタースポーツは2019年5月31日、「スズキ・ジムニー」をベースとした新コンプリートカー「TOUGH STYLE(タフスタイル)」を設定し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。

 
「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売の画像拡大
 
「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売の画像拡大

タフスタイルのコンセプトは「NO CUTE,GET TOUGH」。愛嬌(あいきょう)のあるノーマルジムニーのエクステリアを一新し、リアルタフギアとしてのワイルドなスタイルを目指した。

その要となるのは前後バンパーやグリルをはじめとした「TOUGH」シリーズのパーツ類。プレーンな印象のエクステリアをワイルド&タフなイメージに一変させつつ、都会的な景観にもマッチする個性的なスタイルを実現したとモンスタースポーツはうたう。ウレタン樹脂製となる前後バンパーにはノーマルのフォグランプが装着可能。

このほか、ハイトアップサスペンションや高性能チューニングマフラーなど、クルマとしての基本性能を高めるカスタマイズも実施。モンスタースポーツが長年のモータースポーツ活動で得たノウハウを投入し、走行安定性と走破性、冷却性能の向上を図っている。

上記の仕様をベースに、顧客の好みに合わせてさらなるカスタマイズを加えることもできるという。

価格はベース車の仕様に応じて異なるが、「XC」グレードの5段MT車ベースの場合で220万4000円から。

(webCG)

関連キーワード:
ジムニー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ジムニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る