webCGメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

メルマガ会員に登録する
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)

ムードで選ぶな 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。

エッ、これが軽!?

過去の試乗メモファイルを調べたら、旧型ジムニー(JB23)のステアリングを最後に握ったのは、いまから8年も前の2010年秋だった。

仕事ではないジムニー体験なら、数年前からときどきある。長年「プリウス」に乗っていた兄が、何を思ったか、古いジムニーに乗り換えたのである。先々代(SJ30)の最終型を専門店がほぼレストアしたもので、20年落ちなのに、値段を聞いて、軽い衝撃を受けた。

そんなバックグラウンドの人間が、新型ジムニーに初めて接したのは、スズキの横浜研究所。背の高いスズキ車は、駐車事情の関係でここから貸し出すことになったという。

担当の女性スタッフから試乗車を受け取り、車寄せを出て門まで転がしたところで、アレッと思った。これは白ナンバー1.5リッターの「ジムニーシエラ」ではないか。シエラには乗っていないのだが、これは軽じゃないゾと直感したのである。単純な貸し出しのミスかもしれない。オーバーフェンダーとナンバーの色を見に、外へ出れば済んだのだが、40度近い猛暑だったので、グローブボックスを開けて車検証を確認した。

車検証のサイズやデザインは、たしかに軽だった。「自動車の種別」欄にも、「軽自動車」と明記されていた。という出来事が、20年ぶりにフルチェンジしたジムニーとのファーストタッチである。軽自動車の歴史というのは、「エッ、これが軽!?」という驚きの歴史だと思うが、新型ジムニーほど驚かされた軽はほかにない。

久々に一新されたスズキの本格“軽”オフローダー「ジムニー」。新型は、1.5リッターエンジンを搭載する「ジムニーシエラ」とともに、2018年7月に発売された。
久々に一新されたスズキの本格“軽”オフローダー「ジムニー」。新型は、1.5リッターエンジンを搭載する「ジムニーシエラ」とともに、2018年7月に発売された。拡大
水平基調のインテリアは、乗員が車両の向きや傾きを把握しやすいというメリットも。ダッシュパネルの表面には、傷や汚れを目立たせない加工が施されている。
水平基調のインテリアは、乗員が車両の向きや傾きを把握しやすいというメリットも。ダッシュパネルの表面には、傷や汚れを目立たせない加工が施されている。拡大
先代よりもスクエアなボディー形状の新型「ジムニー」。前席側方のヘッドクリアランス(頭部からサイドウィンドウまでの距離)は50mm拡大された。
先代よりもスクエアなボディー形状の新型「ジムニー」。前席側方のヘッドクリアランス(頭部からサイドウィンドウまでの距離)は50mm拡大された。拡大
後席の定員は2人。エントリーグレードを除き、50:50の分割可倒式となっている。
後席の定員は2人。エントリーグレードを除き、50:50の分割可倒式となっている。拡大

“特殊なつくり”を実感

新型ジムニーで「これが軽!?」と思わせるのは、まず乗り心地だ。試乗車は最上級「XC」のAT。車重は1040kg。旧型より40kg重くなったが、それでもまだ1tそこそこ。とは思えないほど乗り心地がどっしり落ち着いている。ステアリングの操舵力にも、普通の乗用軽にはない重さが与えられている。乗り味でいちばん近いのは、「ジープ・ラングラー」だと最初感じた。

モデルチェンジ前には、モノコックボディーのフレームレスという噂もあったが、フタを開ければ、鉄のラダーフレーム+リジッドサスペンションが受け継がれていた。クロスメンバーの追加などで、ねじり剛性を1.5倍に高めたとされるラダーフレームは、新型ジムニーのなかでいちばん存在感のある構成部品である。走行中も、堅固な鋼鉄製ハシゴ型フレームの上に載っている“実感”が常にあるのだ。

いいペースでカーブを曲がると、グラッと傾くが、傾いたところで安定している。それも床下のラダーフレームのおかげで、ヨットの船底から延びるキール(おもり)のような役割をイメージさせる。レバー入力に戻った副変速機を4WDにセレクトして走る機会は、今回ほとんどなかったが、四駆のポテンシャルを試すオフロードゲレンデでも、このフレーム構造が文字通り基本骨格として働くのだろう。

フレームの上に載る3ドアボディーも、歴代ジムニーで最も高い剛性感を持つ。安普請な印象は一切ない。本当にフレームレスを最後まで研究したのではないかと思わせる。フレームを強くした一方、ボディーとの接合部6カ所に入るマウントゴムを大型化して制振能力を高めたという。そうした改良の結果なのか、乗り心地の品質感は格段に向上している。

今回の試乗では、約380kmを走行。燃費は満タン法で11.6km/リッター、車載の燃費計で11.7km/リッターを記録した。
今回の試乗では、約380kmを走行。燃費は満タン法で11.6km/リッター、車載の燃費計で11.7km/リッターを記録した。拡大
従来比で、ねじり剛性がおよそ1.5倍にまで高められたラダーフレーム。ホイールハウスから、その一部が目視できる。
従来比で、ねじり剛性がおよそ1.5倍にまで高められたラダーフレーム。ホイールハウスから、その一部が目視できる。拡大
シフトレバー(写真中央)のそばには駆動方式を手動で切り替えるトランスファーレバー(写真左下)がレイアウトされる。
シフトレバー(写真中央)のそばには駆動方式を手動で切り替えるトランスファーレバー(写真左下)がレイアウトされる。拡大
「ジムニー」の足まわりには、対地クリアランスと剛性を確保すべく、左右の車輪をダイレクトにつなぐリジッドアクスル式サスペンションが採用されている。
「ジムニー」の足まわりには、対地クリアランスと剛性を確保すべく、左右の車輪をダイレクトにつなぐリジッドアクスル式サスペンションが採用されている。拡大

先代よりもオトナな感じ

エンジンはK6A型からR06A型に換装された。スズキの乗用軽に広く使われている吸気VVT付きの658cc 3気筒だ。縦置き化に対応したからには、そのうち「ケータハム・セブン160」のエンジンもこれに変わるはずである。

自主規制値の64psは変わらないが、最大トルクは旧型の103Nmから96Nmに微減している。トルクは加速に効く。車重が増えたこともあり、パンチや瞬発力は先代より少し落ちた。

そのかわり、大きくステップアップしたのは静粛性などのコンフォート性能である。ピーキーで無駄に元気な印象もあった旧型に比べると、すっかり“大人のエンジン”が載った感じだ。

スズキ乗用軽の主流はCVTだが、ジムニーは今度もトルクコンバーター付きのフルATを踏襲する。大型車用ATの多段化を考えると、昔ながらの4段に感じられるかもしれないが、不満はない。100km/h時の回転数も旧型の4200rpmから3750rpmにダウンしている。高速巡航性能に高い優先順位があるクルマではないが、高速がラクだと、行動半径が広がって、より遠くの山や峠へ行ける。

新型「ジムニー」のR06A型エンジン。従来のK6A型に比べ、ロングストロークな設計となっている。
新型「ジムニー」のR06A型エンジン。従来のK6A型に比べ、ロングストロークな設計となっている。拡大
ブレーキのコントロール性とフィーリングにこだわったという新型「ジムニー」。低速時の制動力に配慮し、リアのみドラム式となっている。
ブレーキのコントロール性とフィーリングにこだわったという新型「ジムニー」。低速時の制動力に配慮し、リアのみドラム式となっている。拡大
オレンジの照明が特徴的なメーターパネル。中央にはマルチインフォメーションディスプレイが備わる。
オレンジの照明が特徴的なメーターパネル。中央にはマルチインフォメーションディスプレイが備わる。拡大

なんでもできるわけじゃない

この20年間、オフロード四駆車の世界に何が起きたかを見据えて、快適性を大きく高めながら、しかし決して軸足をブラすことがなかったのが、21世紀初の新型ジムニーである。人気沸騰なことはご承知のとおり。ウチの近所のディーラーも、試乗車はあるが、すぐにお売りできるクルマはありませんと言っていた。

しかし、あくまでプロスペックのクルマだから、ムードで手を出すものではないと思う。もっぱら2WDで380kmを走った今回の燃費はリッター11km台にとどまった。エネチャージユニットではないし、アイドリングストップ機構も付いていない。好燃費を求めるなら、ほかにいくらでも別の選択がある。

ボディー全長、全幅は、もちろん軽の規格枠いっぱい。軽ハイトワゴンと道路占有面積は同じである。しかし、縦置きエンジンのロングノーズだから、車室長は短い。軽最大のロードクリアランス(205mm)までかさ上げされているわりに、というか、床の標高が高いために、実質、ボディーの天地はそんなにたっぷりしていない。人や物をマックスで載せるなら、やはり別のチョイスがたくさんある。

後席背もたれを畳み、助手席をフラットにしてフル荷室をつくっても、筆者が愛用する、タイヤのデッカイMTBは両輪を付けたままだと収まりきらなかった。「ハスラー」には難なく積めるのに。

でも、これでいいのだ。心臓が飛び出すような激坂の狭い林道をこぎ上げると、峠にいる四輪はたいていジムニーだ。MTBが来れるところは、ジムニーも来れる。積めなくたっていいのである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=田村 弥/編集=関 顕也/取材協力=河口湖ステラシアター)

新型「ジムニー」は全車、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を装備。不整地などにおいていずれかの車輪が空転してしまった際、それにブレーキを掛けることで他への駆動力を確保し、脱出をアシストする。
新型「ジムニー」は全車、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を装備。不整地などにおいていずれかの車輪が空転してしまった際、それにブレーキを掛けることで他への駆動力を確保し、脱出をアシストする。拡大
前席を倒せば、写真のような“くつろぎ空間”も作りだせる。助手席をフラット化することで、長尺物の運搬も可能に。
前席を倒せば、写真のような“くつろぎ空間”も作りだせる。助手席をフラット化することで、長尺物の運搬も可能に。拡大
後席を倒した状態の荷室容量は352リッター。試乗車「XC」の荷室後端には、「ラゲッジボックス」と呼ばれる25リッターの予備スペースも用意される。
後席を倒した状態の荷室容量は352リッター。試乗車「XC」の荷室後端には、「ラゲッジボックス」と呼ばれる25リッターの予備スペースも用意される。拡大
ボディーカラーは、モノトーンが全9色。最上級グレードの「XC」に限り、ブラックルーフを組み合わせた2トーンカラー仕様も4種類がラインナップされる。
ボディーカラーは、モノトーンが全9色。最上級グレードの「XC」に限り、ブラックルーフを組み合わせた2トーンカラー仕様も4種類がラインナップされる。拡大

テスト車のデータ

スズキ・ジムニーXC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm
ホイールベース:2250mm
車重:1030kg
駆動方式:4WD
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:4AT
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:96Nm(9.8kgm)/3500rpm
タイヤ:(前)175/80R16 91S/(後)175/80R16 91S(ブリヂストン・デューラーH/T)
燃費:13.2km/リッター(WLTCモード)
価格:184万1400円/テスト車=210万7134円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション フロアマット<ジュータン>(2万0142円)/パナソニック エントリーワイドナビセット(13万5918円)/ETC車載器<ビルトインタイプ>(2万1816円)/USBソケット+USB接続ケーブル(7398円)/ドライブレコーダー(3万7260円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:906km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:380.9km
使用燃料:32.9リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:11.6km/リッター(満タン法)/11.7km/リッター(車載燃費計計測値)

スズキ・ジムニーXC
スズキ・ジムニーXC拡大
カーナビはオプション扱い。モニターのサイズは7インチ(写真)のほか、より正方形に近い8インチも選べる。
カーナビはオプション扱い。モニターのサイズは7インチ(写真)のほか、より正方形に近い8インチも選べる。拡大
最上級グレード「XC」の16インチアルミホイール。ほかのグレードには16インチのスチールホイールが装着される。
最上級グレード「XC」の16インチアルミホイール。ほかのグレードには16インチのスチールホイールが装着される。拡大
後席はリクライニング機能付き。ご覧のように、後席使用時のラゲッジスペースはごくわずか。
後席はリクライニング機能付き。ご覧のように、後席使用時のラゲッジスペースはごくわずか。拡大
バックドアは、片ヒンジで左側が開くタイプ。荷室開口部の寸法は幅1030mm、高さ850mmとなっている。
バックドアは、片ヒンジで左側が開くタイプ。荷室開口部の寸法は幅1030mm、高さ850mmとなっている。拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com