「マツダ3」「スープラ」「ジムニー」
人気3車種の最新納期情報をリポート

2019.06.05 デイリーコラム

行列はできないほうが望ましい

「行列のできる○○」という表現がある。人気を示す言葉として使うならいいが、現実に行列ができるのは、褒められたことではない。顧客を待たせ、大切な時間を浪費させているからだ。人気の高さに応じて供給量を増やし、行列ができないように配慮せねばならない。

クルマの納期も同様だ。顧客を待たせる売り方は、顧客満足度を下げてしまうことになる。

特に今は新車需要の70~80%が乗り換えに基づくものだから、下取り車が発生する。納期が長引くと、新車契約時点の査定と下取り車を引き渡す時とでは、査定額に違いが生じてしまう。従って納車する時点で、あらためて査定をやり直さなければならない。そうなれば顧客と販売店の双方に面倒を強いる。

またクルマは嗜好(しこう)品的な性格を併せ持つので、スポーツカーなどは「欲しい時に買いたい」という欲求もある。

一般的な納期は在庫車を除くと1カ月から2カ月ほどだが、ここでは納期が長いといわれている「マツダ・マツダ3」「トヨタ・スープラ」「スズキ・ジムニー」の最新情報を探った。

2019年5月末から販売が始まった「マツダ3」。
2019年5月末から販売が始まった「マツダ3」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事