ベントレー、新型「フライングスパー」を6月11日に発表

2019.06.05 自動車ニュース
ベントレー・フライングスパー
ベントレー・フライングスパー拡大

英ベントレー・モーターズは2019年6月5日、4ドアセダンの新型「フライングスパー」を、同年6月11月の午前11時(英国夏時間、日本時間:午後7時)に世界初公開すると発表した。

 
ベントレー、新型「フライングスパー」を6月11日に発表の画像拡大

ベントレー・フライングスパーは、2ドアモデルの「コンチネンタルGT」シリーズと主要コンポーネンツを共有する高性能ラグジュアリーセダンである。

3世代目のモデルとなる今回の新型では、高速走行時の安定性と市街地などでの取りまわしのしやすさを両立すべく、四輪操舵システムを初採用。駆動方式は従来モデルと同じく4WDだが、状況に応じて後輪のみに駆動力を供給する機能も備えている。

また、足まわりには必要に応じてサスペンションの硬さを変化させ、コーナリングフォースに対抗する「ベントレーダイナミックライド」を採用。乗員が不快に感じる可能性のあるボディーロールを最小限に抑え、ハンドリングのよさと快適な乗り心地を追求しているという。

(webCG)

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ポルシェが新型「911ターボS」を発表 最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル 2020.3.4 自動車ニュース ポルシェが新型「911ターボS」を発表。最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、4WDシステムの改良や空力性能の改善とも相まって、0-100km/h加速2.7秒、最高速330km/hという動力性能を実現している。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • 最高出力は625PS! BMWのハイパフォーマンスSUV「X5 M/X6 M」登場 2020.3.19 自動車ニュース BMWジャパンは2020年3月12日、ハイパフォーマンスSUV「X5 M」「X6 M」の導入を発表し、同日、受注を開始した。両モデルとも最高出力625PS、最大トルク750N・mを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。
  • ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデル 2020.3.11 自動車ニュース ヤマハがオフロードタイプの新型二輪モデル「テネレ700 ABS」を発表。軽さにこだわったスリムなボディーに688ccの2気筒エンジンを搭載。自由度の高いライディングポジションとも相まって、高い悪路走破性とオンロードでの快適性を両立しているという。
ホームへ戻る