「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車登場

2019.06.05 自動車ニュース
フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ
フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ拡大

FCAジャパンは2019年6月5日、コンパクトカー「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車「500S Manuale Rossa(マヌアーレ・ロッサ)」を設定し、同年6月15日に発売すると発表した。

オーディオ/ハンズフリーコントローラー付きの専用レザースポーツステアリングホイールやシフトノブを採用する「500Sマヌアーレ・ロッサ」のインテリア。
オーディオ/ハンズフリーコントローラー付きの専用レザースポーツステアリングホイールやシフトノブを採用する「500Sマヌアーレ・ロッサ」のインテリア。拡大
シートは異なる素材を組み合わせた「500Sマヌアーレ・ロッサ」専用デザインとなる表皮を採用している。
シートは異なる素材を組み合わせた「500Sマヌアーレ・ロッサ」専用デザインとなる表皮を採用している。拡大
ダークグレーの15インチアルミホイールや専用デザインのリアバンパー、クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャーなどでスポーティーなエクステリアを演出。
ダークグレーの15インチアルミホイールや専用デザインのリアバンパー、クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャーなどでスポーティーなエクステリアを演出。拡大

今回の500Sマヌアーレ・ロッサは、最高出力85psを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」エンジンに、5段MTを組み合わせた通常のラインナップにはない設定がセリングポイントとなる。ボディーカラーは「パソドブレ レッド」で、ダークグレーの15インチアルミホイールや、スポーティーなデザインの前後バンパー、リアスポイラー、レザースポーツステアリングホイール、専用インストゥルメントパネルなどを採用している。

主な特別装備は以下の通り。

  • 500S専用フロントバンパー/リアバンパー
  • 500S専用サイドスカート
  • リアルーフスポイラー
  • サテングレー仕上げアクセントライン
  • サテングレー仕上げドアハンドル
  • サテングレー仕上げテールゲートハンドル
  • クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー
  • 500S専用アルミホイール+185/55R15タイヤ
  • 500S専用デザインファブリックシート
  • 専用インストゥルメントパネル
  • レザースポーツステアリングホイール(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付き)
  • 500S専用シフトノブ

価格は246万円。80台の限定販売となる。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 台数限定215台 オフロードテイストの「フィアット・パンダ クロス4×4」が再登場 2021.4.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年4月13日、クロスオーバーSUV「フィアット・パンダ クロス4×4」を215台の台数限定で、同年4月24日に発売すると発表した。標準モデルには設定のない「モードグレー」の外装色を採用している。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • ドリキン土屋圭市「フィットe:HEV Modulo X」を語る 2021.9.13 こだわりの最新Modulo X<AD> ただのコンパクトカーじゃない。カッコだけのスポーツ仕様でもない。「フィットe:HEV Modulo X」だから味わえる気持ちいい走りの秘密について、開発に関わった土屋圭市氏が熱く語った。
ホームへ戻る