「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車登場

2019.06.05 自動車ニュース
フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ
フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ拡大

FCAジャパンは2019年6月5日、コンパクトカー「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車「500S Manuale Rossa(マヌアーレ・ロッサ)」を設定し、同年6月15日に発売すると発表した。

オーディオ/ハンズフリーコントローラー付きの専用レザースポーツステアリングホイールやシフトノブを採用する「500Sマヌアーレ・ロッサ」のインテリア。
オーディオ/ハンズフリーコントローラー付きの専用レザースポーツステアリングホイールやシフトノブを採用する「500Sマヌアーレ・ロッサ」のインテリア。拡大
シートは異なる素材を組み合わせた「500Sマヌアーレ・ロッサ」専用デザインとなる表皮を採用している。
シートは異なる素材を組み合わせた「500Sマヌアーレ・ロッサ」専用デザインとなる表皮を採用している。拡大
ダークグレーの15インチアルミホイールや専用デザインのリアバンパー、クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャーなどでスポーティーなエクステリアを演出。
ダークグレーの15インチアルミホイールや専用デザインのリアバンパー、クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャーなどでスポーティーなエクステリアを演出。拡大

今回の500Sマヌアーレ・ロッサは、最高出力85psを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」エンジンに、5段MTを組み合わせた通常のラインナップにはない設定がセリングポイントとなる。ボディーカラーは「パソドブレ レッド」で、ダークグレーの15インチアルミホイールや、スポーティーなデザインの前後バンパー、リアスポイラー、レザースポーツステアリングホイール、専用インストゥルメントパネルなどを採用している。

主な特別装備は以下の通り。

  • 500S専用フロントバンパー/リアバンパー
  • 500S専用サイドスカート
  • リアルーフスポイラー
  • サテングレー仕上げアクセントライン
  • サテングレー仕上げドアハンドル
  • サテングレー仕上げテールゲートハンドル
  • クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー
  • 500S専用アルミホイール+185/55R15タイヤ
  • 500S専用デザインファブリックシート
  • 専用インストゥルメントパネル
  • レザースポーツステアリングホイール(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付き)
  • 500S専用シフトノブ

価格は246万円。80台の限定販売となる。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • フィアット・パンダ4×4 ROCK 1.3 16V マルチジェット(4WD/5MT)【試乗記】 2013.12.2 試乗記 4WDシステムとディーゼルエンジンを備えた、道を選ばぬ「フィアット・パンダ」に試乗。シリーズの究極形「パンダ4×4 マルチジェット」はどんな走りを見せるのか。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る