「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車登場

2019.06.05 自動車ニュース
フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ
フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ拡大

FCAジャパンは2019年6月5日、コンパクトカー「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車「500S Manuale Rossa(マヌアーレ・ロッサ)」を設定し、同年6月15日に発売すると発表した。

オーディオ/ハンズフリーコントローラー付きの専用レザースポーツステアリングホイールやシフトノブを採用する「500Sマヌアーレ・ロッサ」のインテリア。
オーディオ/ハンズフリーコントローラー付きの専用レザースポーツステアリングホイールやシフトノブを採用する「500Sマヌアーレ・ロッサ」のインテリア。拡大
シートは異なる素材を組み合わせた「500Sマヌアーレ・ロッサ」専用デザインとなる表皮を採用している。
シートは異なる素材を組み合わせた「500Sマヌアーレ・ロッサ」専用デザインとなる表皮を採用している。拡大
ダークグレーの15インチアルミホイールや専用デザインのリアバンパー、クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャーなどでスポーティーなエクステリアを演出。
ダークグレーの15インチアルミホイールや専用デザインのリアバンパー、クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャーなどでスポーティーなエクステリアを演出。拡大

今回の500Sマヌアーレ・ロッサは、最高出力85psを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」エンジンに、5段MTを組み合わせた通常のラインナップにはない設定がセリングポイントとなる。ボディーカラーは「パソドブレ レッド」で、ダークグレーの15インチアルミホイールや、スポーティーなデザインの前後バンパー、リアスポイラー、レザースポーツステアリングホイール、専用インストゥルメントパネルなどを採用している。

主な特別装備は以下の通り。

  • 500S専用フロントバンパー/リアバンパー
  • 500S専用サイドスカート
  • リアルーフスポイラー
  • サテングレー仕上げアクセントライン
  • サテングレー仕上げドアハンドル
  • サテングレー仕上げテールゲートハンドル
  • クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー
  • 500S専用アルミホイール+185/55R15タイヤ
  • 500S専用デザインファブリックシート
  • 専用インストゥルメントパネル
  • レザースポーツステアリングホイール(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付き)
  • 500S専用シフトノブ

価格は246万円。80台の限定販売となる。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • 第575回:イタリアのコンパクトSUVで試す
    コンチネンタルの最新タイヤ「エココンタクト6」の実力
    2019.6.18 エディターから一言 ドイツのコンチネンタルタイヤから、第6世代の最新エコタイヤ「エココンタクト6」が登場。低燃費タイヤでありながら、高いコンフォート性能も特徴とされる新製品の出来栄えを、長年にわたりwebCGの社用車として活躍してきた「フィアット・パンダ4×4」で試す。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る