ジャガー・ランドローバーとBMWが電気駆動システム開発で協業

2019.06.06 自動車ニュース

英ジャガー・ランドローバーは2019年6月5日(現地時間)、次世代の電気駆動システム(EDU:Electric Drive Unit)をBMWグループと共同開発すると発表した。

同社によれば今回の協業は、ACES(自動化<Autonomous>、コネクテッド<Connected>、電動化<Electric>、シェアリング<Shared>)という自動車産業を取り巻く変革の中で、その中核となる電動化技術の発展を効率的に進めるのがねらい。

ジャガー・ランドローバーのエンジニアリングディレクターを務めるニック・ロジャース氏は、「ACESへの移行のスピードとユーザーのEVに対する関心の高まりは勢いを増しており、われわれは未来に向けて横断的に技術開発を進めることが重要かつ不可欠」「(ジャガー・ランドローバーとBMWグループにとって)次世代EDUの開発に求めることは主要な部分で共通しており、双方にとってメリットのある協業になる」などとコメントしている。

今回の合意により、今後は両社でEDUの研究開発や製造計画を共有し、サプライチェーンにおける共同調達も実施。次世代EDUのエンジニアリングは両グループの専門家によるチームが担当するものの、各ブランドが持つプロダクトの特性や魅力はこれまで通り守っていくという。

EDUの製造は、両社それぞれの工場が担う。ジャガー・ランドローバーの場合は、2019年1月から全世界向けのEDU製造拠点となっている英国ウルバーハンプトンのエンジン・マニュファクチャリング・センター(EMC)がそれにあたり、同年バーミンガム近郊のハムズホールに新設したバッテリー・アッセンブリー・センターがEMCを補完。完成した電動パワートレイン・システムはジャガー・ランドローバーの世界中の工場に供給されることになる。

(webCG)

ジャガー初のピュアEV「Iペース」。一方のBMWもEV「i3」をラインナップするなど、両グループともEDUの開発・製造には幅広い経験があるとアピールされる。
ジャガー初のピュアEV「Iペース」。一方のBMWもEV「i3」をラインナップするなど、両グループともEDUの開発・製造には幅広い経験があるとアピールされる。拡大

関連キーワード:
ジャガー, ランドローバー, BMW, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事