発売は7月 ホンダが新型「N-WGN」の情報を公開

2019.06.07 自動車ニュース
ホンダN-WGN
ホンダN-WGN拡大

本田技研工業は2019年6月7日、軽乗用車の新型「N-WGN(エヌワゴン)/N-WGNカスタム」に関する情報を、同年7月に予定されるフルモデルチェンジに先駆けて公開した。

「N-WGN」のインストゥルメントパネルまわり。
「N-WGN」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
N-WGNカスタム
N-WGNカスタム拡大
「N-WGNカスタム」のインストゥルメントパネルまわり。
「N-WGNカスタム」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
荷室は低い床面と、空間を上下2段に仕切れるフロアボードが特徴となっている。
荷室は低い床面と、空間を上下2段に仕切れるフロアボードが特徴となっている。拡大

重視したのは「あらゆるシーンで快適に使えること」

N-WGNは2013年11月にデビューしたホンダの軽ハイトワゴンである。新型は2代目のモデルにあたり、2017年に登場した2代目「N-BOX」「N-VAN」に続く、ホンダ次世代軽乗用車の第3弾となる。

今回のフルモデルチェンジでは、通勤、通学、買い物といった“日常使い”に使用される軽乗用車として、あらゆるシーンでクルマを快適に使えるよう安全性や使い勝手を追求。デザインについても、普段の生活になじむ親しみやすいイメージでまとめたとホンダは説明している。

また、運転支援システム「ホンダセンシング」を全車に標準採用するなど、装備も充実。渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)やパーキングセンサーシステムを、ホンダの軽自動車として初採用した(N-BOXのACCは渋滞追従機能に非対応)。

運転のしやすさについても配慮がなされており、さまざまな体格のドライバーが適切な運転姿勢を取れるよう、ホンダの軽自動車として初めてテレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備。床の低いラゲッジスペースは重さのある荷物や高さのある荷物を積載しやすく、備え付けのフロアボードを使えば上下2段の積み分けも可能となっている。

ラインナップはこれまでと同じく、スタンダードなN-WGNとドレッシーなN-WGNカスタムの2モデル構成。ボディーカラーはルーフをホワイトで塗り分けたツートンカラー仕様を含め、前者が13種類、後者が11種類となっている。

(webCG)

関連キーワード:
N-WGN, N-WGNカスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-WGN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ダイハツが新型「タント」の情報を先行公開 2019.6.6 自動車ニュース ダイハツが新型「タント」の情報を先行公開。4代目となる新型は、ダイハツの新しいクルマづくりのコンセプト「DNGA」の技術が注ぎ込まれた第1弾モデルであり、プラットフォームとパワートレインを同時に刷新。ACCやパーキングアシストなどの先進装備も搭載される。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.5 試乗記 「Nシリーズ」初の商用モデルとなる「ホンダN-VAN」がデビュー。Bピラーレスボディーに広大な積載スペースを備えたデリバリーバン、その使い勝手は? 個人事業主や若者をターゲットに装備を充実させた「+STYLE FUN」に試乗した。
  • 新型「ディフェンダー」の開発がいよいよ大詰めに 2019.6.5 自動車ニュース 英ランドローバーは2019年6月4日(現地時間)、新型「ランドローバー・ディフェンダー」開発における、最終フィールドテストの様子を公開した。今回の試走により、新型ディフェンダーの走行性能の高さが実証できたという。
ホームへ戻る