「ボルボV60クロスカントリー」の安全装備がレベルアップ

2019.06.11 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、クロスオーバー「V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

今回の仕様変更では、これまで上級グレードの「T5 AWDプロ」に備わっていた「360度ビューカメラ」を、ベースグレードの「T5 AWD」にも標準装備とした。

360度ビューカメラは、4つのカメラにより真上から車両を見下ろしたかのような映像を作成し、センターディスプレイに表示する安全装備。ギアをリバース(後退)に入れることで、センターディスプレイに周囲の様子を表示できるほか、ステアリングホイールの操作に応じて自車の予想進路をガイドラインで案内するリアビューカメラの映像も確認できるようになる。

そのほか、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」にステアリングアシスト機能が追加。車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正して衝突を回避するようアシストされるようになった。

また、車線の中央をキープできるよう支援する「パイロットアシスト」には、ステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能が追加された。

ラインナップは以下の通り。価格は据え置きとなっている。

  • V60クロスカントリーT5 AWD:549万円
  • V60クロスカントリーT5 AWDプロ:649万円

(webCG)
 

ボルボV60クロスカントリー
ボルボV60クロスカントリー拡大

関連キーワード:
V60クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.6.12 試乗記 スタイリッシュなワゴンボディーに、頼もしい悪路走破性能をプラスした「ボルボV60クロスカントリー」。スポーティーでクール、かつオーセンティックなワゴンとしての資質も備えた万能車を、リポーターがすんなりと受け入れられなかった理由とは?
  • ボルボV90クロスカントリーD4 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.8.29 試乗記 ボルボのイメージをけん引する旗艦モデル「V90クロスカントリー」に、待望のディーゼルエンジン搭載車が登場。“みちのくの夏”を満喫するドライブに連れ出してみると、ライバルとは違った上質さや走りのよさが伝わってきた。
  • ボルボV60クロスカントリー 2018.9.26 画像・写真 本格ワゴンに高い悪路走破性能をプラスした新型「ボルボV60クロスカントリー」が登場。「V60」より最低地上高は75mm高められており、標準で4WDシステムやヒルディセントコントロールなどが採用されている。新しい万能ワゴンの姿を写真で紹介する。
  • ボルボV90 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.27 試乗記 クリーンディーゼルを搭載するボルボの大型ワゴン「V90」で、600kmオーバーのロングドライブへ。そのステアリングを握った筆者の目には、家族や友人と過ごす豊かなライフスタイルのイメージが鮮やかに浮かんできた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
ホームへ戻る