BMWの最上級SUV「X7」の国内販売がスタート

2019.06.24 自動車ニュース
BMW X7 xDrive35dデザイン・ピュア・エクセレンス
BMW X7 xDrive35dデザイン・ピュア・エクセレンス拡大

BMWジャパンは2019年6月24日、ラグジュアリーSUV「BMW X7」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

全長が5mを優に超える「BMW X7」。ホイールベースは大きくなった新型「X5」よりもさらに130mm長い、3105mmとなっている。
全長が5mを優に超える「BMW X7」。ホイールベースは大きくなった新型「X5」よりもさらに130mm長い、3105mmとなっている。拡大
“ホフマイスターキンク”と呼ばれるDピラー部のデザイン処理や、バックドアのクロームバーに、他のBMW車と共通の意匠が見られる。
“ホフマイスターキンク”と呼ばれるDピラー部のデザイン処理や、バックドアのクロームバーに、他のBMW車と共通の意匠が見られる。拡大
インストゥルメントパネルは、ドライバーの操作性に配慮し、やや運転席側に傾けられている。
インストゥルメントパネルは、ドライバーの操作性に配慮し、やや運転席側に傾けられている。拡大

満を持してのフラッグシップ

2018年10月にドイツ本国で発表され、欧州と米国ではすでに販売されているX7。そのネーミングから連想されるとおり、BMWのSUVの新たなフラッグシップである。

BMWとともにドイツ御三家と呼ばれるメルセデス・ベンツの「GLS」やアウディの「Q7」、あるいは北米市場で「キャデラック・エスカレード」や「リンカーン・ナビゲーター」などに対抗するハイエンドのSUVを、これまで持たなかったBMW。しかし、ベントレーやランボルギーニ、そしてロールス・ロイスまでもが超高級SUVをリリースするご時世にあって、ようやく自身が最上級ラグジュアリーSAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)と呼ぶX7をラインナップするに至った。

巨大なキドニーグリルを持つ、押し出しの強いボディーのサイズは全長5165mm、全幅2000mm、全高1835mm、ホイールベース3105mmで、BMWのSUVとしては初めて全長5m、ホイールベース3mを超えた。おかげで余裕のある室内空間には3列のシートが配置され、2列目が3人掛けの7座仕様のほか、2列目が2つの独立したコンフォートシートとなる6座仕様も用意される。これらインテリアは、上質な「BMW Individualメリノ・レザー」で仕立てられており、クリスタル製のシフトレバーやスタート/ストップボタンなどとともに室内の上質感を演出する。

シフトレバーやスタート/ストップボタンは、「8シリーズ」と同様にクリスタル製となる。(写真は欧州仕様車のもの)
シフトレバーやスタート/ストップボタンは、「8シリーズ」と同様にクリスタル製となる。(写真は欧州仕様車のもの)拡大
特大の22インチアルミホイール。「X7」のホイールは、20インチ、21インチ、22インチの3サイズがラインナップされている。
特大の22インチアルミホイール。「X7」のホイールは、20インチ、21インチ、22インチの3サイズがラインナップされている。拡大
3列目シート(写真)には、2列目を前屈させてアクセスする。
3列目シート(写真)には、2列目を前屈させてアクセスする。拡大
荷室の容量は、3列目シート使用時で326リッター。最大2120リッターまで拡大できる。
荷室の容量は、3列目シート使用時で326リッター。最大2120リッターまで拡大できる。拡大
 
BMWの最上級SUV「X7」の国内販売がスタートの画像拡大

重量級でも走りも自慢

パワーユニットは3リッター直6ディーゼルターボと4.4リッターV8ガソリンターボの2種。最高出力と最大トルクは前者が265ps/4000rpmと620Nm/2000-2500rpm、後者が530ps/5500-6000rpmと750Nm/1800-4600rpmで、後者は3tに迫る車重(2950kg)にも関わらず0-100km/h加速4.7秒という俊足を誇る。いずれも変速機は8段ATで、駆動方式は「xDrive」こと4WDである。

シャシーには路面状況を各ホイールに設置したセンサーで感知し、必要に応じて上下40mmの範囲で車高を自動調整する「四輪アダプティブ・エアサスペンション」を採用。さらにカメラで路面状況を確認し、ダンパー調整やロール制御を最適化する「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」も導入し、優れた走行安定性と上質な乗り心地を両立している。

フラッグシップだけに、運転支援システムも最先端のものを備えている。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、車線変更警告および車線逸脱警告システム、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキなどのほか、すでに新型「3シリーズ」「8シリーズ」にも採用されている、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、それを正確にトレースしてバックできるリバースアシスト付きのパーキングアシスタントを標準装備する。

2019年夏以降には、これらに加えてハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能も搭載される。これは高速道路の渋滞時に、一定の条件下に限りドライバーがステアリングホイールから手を放して走行することを可能とし、運転負荷を軽減し安全に寄与するシステムである。

また、これも新型3シリーズに採用されている、「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」も備わる。音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスが可能な音声入力システムだが、より自然な会話に近い言葉でドライバーの指示を理解し、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習する機能が備わるほか、ドライバーが語りかける際に使う“システムの名前”を自由に命名できるのが特徴である。

BMW X7のグレードと価格は、以下のとおり。

  • X7 xDrive35d:1079万円
  • X7 xDrive35dデザイン・ピュア・エクセレンス:1206万円
  • X7 xDrive35d Mスポーツ:1242万円
  • X7 M50i:1566万円

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
X7, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X7 2018.10.22 画像・写真 BMWが新しいフラッグシップSUV「X7」を発表。BMWとしては初となる3列シートの大型SUVで、最上級グレード「M50d」には400psの3リッター直6ディーゼルを搭載する。日本にも導入される予定のニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • アウディe-tronスポーツバック55クワトロ ファーストエディション(4WD)【試乗記】 2020.10.9 試乗記 日本初登場となるアウディのピュアEV「e-tron(イートロン)スポーツバック」に試乗。システム最高出力408PSの電動パワーユニットと、前後モーターによる電動4WDとなった「クワトロ」が織りなす走りの印象を報告する。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
ホームへ戻る