三菱が「ミラージュ」を一部改良して発売

2019.06.27 自動車ニュース

三菱自動車は2019年6月27日、「ミラージュ」に一部改良を施し、販売を開始した。

ミラージュは全数がタイで生産される、三菱のグローバルコンパクトモデルである。今回は機能装備の強化を図っている。

後席中央のヘッドレストを標準装備としたほか、助手席および後席のアシストグリップを固定式から格納式に変更。また、ウインドシールドの上部中央部分にドット柄グラデーションを追加し、サンバイザー使用時の光もれを軽減した。

価格は「M」が138万2400円で、「G」が148万7160円。いずれも従来モデルよりも2160円高となっている。

(webCG)

三菱ミラージュ
三菱ミラージュ拡大

関連キーワード:
ミラージュ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミラージュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • 「三菱ミラージュ」がマイナーチェンジ “ダイナミックシールド顔”に 2020.4.16 自動車ニュース 三菱自動車は2020年4月16日、コンパクトカー「ミラージュ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。最新型ではフロントおよびリアのデザインが変更され、運転支援システムの強化も図られている。
  • 日本での普及は難しい? 「ホンダe」が提唱する「都市型EVコミューター」の未来を占う 2020.8.24 デイリーコラム いよいよ日本仕様の概要が発表されたホンダの電気自動車「ホンダe」。航続距離を抑えて都市部での移動に特化した「都市型EVコミューター」という触れ込みだが、そうしたクルマは日本でも受け入れられるのか? メイン市場である欧州の事情を踏まえつつ検証する。
  • 日産キックスX(FF)【試乗記】 2020.8.14 試乗記 日産の新型車「キックス」に試乗。自慢の電動パワートレイン「e-POWER」と、これに合わせて再チューニングしたという足まわりが織りなす走りはひとこと「軽快」だ。海を越えてやってきたこの小型SUVは、日産に久しぶりの明るいニュースをもたらすかもしれない。
ホームへ戻る