三菱が「ミラージュ」にブラックのアクセントで内外装を仕立てた特別仕様車を再設定

2021.04.15 自動車ニュース
三菱ミラージュ ブラックエディション
三菱ミラージュ ブラックエディション拡大

三菱自動車は2021年4月15日、コンパクトカー「ミラージュ」に特別仕様車「BLACK Edition(ブラックエディション)」を設定し、同日、販売を開始した。

メッキとピアノブラックのアクセントが施された本革巻きステアリングホイールや本革巻きシフトノブで、スポーティーに演出されたインテリア。
メッキとピアノブラックのアクセントが施された本革巻きステアリングホイールや本革巻きシフトノブで、スポーティーに演出されたインテリア。拡大
ブラックとレッドのファブリックを組み合わせた専用シートを採用。前席にはヒーター機能が組み込まれている。
ブラックとレッドのファブリックを組み合わせた専用シートを採用。前席にはヒーター機能が組み込まれている。拡大
「サンドイエローメタリック/ブラックマイカ」(写真/有償色)を含む全5タイプの外装色が用意されている。
「サンドイエローメタリック/ブラックマイカ」(写真/有償色)を含む全5タイプの外装色が用意されている。拡大

今回のミラージュ ブラックエディションは上級グレード「G」をベースに、内外装に加えられたブラックのアクセントを特徴とするモデル。ルーフやルーフスポイラー、ドアミラーを「ブラックマイカ」としたほか、ブラック塗装の専用15インチアルミホイールやヒーテッドドアミラーが採用されている。

インテリアでは、ブラックとレッドのファブリックを組み合わせた専用シート(前席はヒーター機能を内蔵)に加え、メッキとピアノブラックのアクセントが施された本革巻きステアリングホイールや本革巻きシフトノブを採用。シートやステアリングホイール、シフトノブ、ドアアームレストにはレッドのステッチが入る。

ボディーカラーは有償色となる2トーンの「ホワイトダイヤモンド/ブラックマイカ」(5万5000円)や「サンドイエローメタリック/ブラックマイカ」(3万3000円)に加え、「レッドメタリック/ブラックマイカ」「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」、モノトーンの「ブラックマイカ」という全5タイプが設定されている。

価格はボディーカラーがモノトーンの場合は159万7200円、2トーンの場合は161万3700円。

(webCG)

関連キーワード:
ミラージュ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミラージュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編) 2021.5.2 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。これまで「ポルシェ911」や「ホンダNSX」などを相手にしてきた山野にとっては、初めての「フツーのクルマ」である。果たしてどんな評価を下すのだろうか。
  • 「マツダ3」と「マツダCX-30」の「eスカイアクティブX」搭載車の排ガス性能と燃費性能が進化 2021.4.26 自動車ニュース マツダは2021年4月26日、「マツダ3」および「CX-30」の一部仕様を変更し、販売を開始した。新世代ガソリンエンジン「eスカイアクティブX」搭載車の排ガス性能と燃費性能を改善したほか、CX-30は全モデルで足まわりの特性を変更している。
ホームへ戻る