燃料としての水素は身近になるのか?
“画期的な発明”の発表会で思ったこと

2019.06.28 デイリーコラム

価格は3分の1以下になる!?

人類のエネルギーへの渇望は、不治の病に似ている――いきなり大仰なフレーズでナンですが、webCG編集部の記者としてEneco Holdings(エネコホールディングス)の発表会に参加して、思いつきました。こういうことです。

治療法が確立していない難病は、その病気が一般的であればあるほど、いわゆる民間療法がたくさん現れる。おまじないの類いや金もうけのためのエセ科学もあれば、本当に未知の薬効成分が含まれる場合もある。玉石混交。いずれも、ひとたび効果的な治療法が見つかれば、姿を消すのが普通だ。

エネルギー事情も同様で、木炭、石炭、石油、原子核(核分裂)と有力なプレーヤーが登場するたび環境問題が深刻化して、次世代エネルギーの模索が真剣に行われ、ここでもまた、多種多様にして玉石混交な「解決策」が現れた。

21世紀に期待される次世代燃料のひとつが、水素だ。エネルギー密度は低いけれど、自然界に豊富に存在し、燃やしても水が出るだけというシンプルでクリーンなところがステキ。ペアを組むテクノロジーとして、燃料電池が挙げられることが多い。つまりは水の電気分解の逆で、水素と酸素を化学反応させて電気を取り出す。これまた排出物は水だけ。宇宙船に搭載された実績が、その実用性と先進性を印象づける。

さて、2019年6月25日に、Eneco Holdingsは、「Eneco PLASMA R Hydrogen GAS」を発表した。これは、GASと名づけられているが、「Enecoガス」と称する気体を発生させる装置のこと。「水の電気分解の原理を進化応用させた、HHO(酸水素)ガスの生成装置」(プレスリリースより)であり、「少量の水と、独自開発した触媒の化学反応により、電気をほとんど使用せず、低温なのに出力の高い、高濃度HHOガスの大量生産を可能にした」(同)という。

装置は定置式で約1tの重さがあるためクルマに積むことはできないが、結果として国内の水素燃料の価格は現在の3分の1以下になり、「わずか2リッターの水で、一世帯の1週間の電力消費量、約65kWhを当社の水素燃料技術で賄える日がやってくる」(同)のだという。

「Enecoガス」の特性について説明する、Eneco Holdingsの山本泰弘代表取締役社長。この新しいガスで世の中に燃料革命を起こすとアピールする。
「Enecoガス」の特性について説明する、Eneco Holdingsの山本泰弘代表取締役社長。この新しいガスで世の中に燃料革命を起こすとアピールする。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事