白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売

2019.07.19 自動車ニュース
ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション
ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2019年7月19日、「エリーゼ」に特別仕様車「ヘリテージエディション」を設定し、30台の台数限定で注文受け付けを開始した。

 
白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売の画像拡大
 
白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売の画像拡大
 
白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売の画像拡大
 
白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売の画像拡大
 
白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売の画像拡大
 
白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売の画像拡大
 
白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売の画像拡大

ロータス・エリーゼ ヘリテージエディションは、1.8リッター直4スーパーチャージャー付きエンジン(最高出力220ps/最大トルク250Nm)を搭載した「エリーゼ スポーツ220 II」がベース。“ヘリテージ”をコンセプトとして内外装に特別なカラーリングを施した日本限定の特別仕様車である。

ボディーカラーはカタログモデルでは選択できない深みのある白「オールドイングリッシュホワイト」を採用し、「ヘリテージレッド」「ヘリテージグリーン」「ヘリテージブルー」の3タイプのストライプペイントを施した(各色とも限定10台ずつ)。ブラックホイールに加えて、通常はディーラーオプションとなるデタッチャブルハードトップも装備する。

インテリアにもカタログモデルでは設定のないオールドイングリッシュホワイトのカラーパックをチョイスし、エクステリアのストライプペイントの色味と合わせた「ベノムレッド」「アロエグリーン」「ノットブルー」のレザーを採用。フロアマットとオーディオも標準装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

  • スペシャルペイント:オールドイングリッシュホワイト
  • 専用ストライプペイント:ヘリテージレッド/ヘリテージグリーン/ヘリテージブルー
  • 専用レザーパック:ベノムレッド/アロエグリーン/ノットブルー
  • 専用プレート
  • ブラック軽量鍛造アルミホイール 12スポーク(フロント16インチ、リア17インチ)
  • クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ(2スピーカー)
  • デタッチャブルハードトップ(ペイント込み)

価格はベース車から105万5700円アップの775万1700円。

(webCG)

関連キーワード:
エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エリーゼ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • フロントまわりにインパクト 新型「BMW 4シリーズ クーペ」上陸 2020.10.16 自動車ニュース BMWジャパンは2020年10月16日、フルモデルチェンジした「BMW 4シリーズ クーペ」の国内導入を発表。同日、販売を開始した。2代目となる新型は、縦型のグリルを採用。走行性能のみならず、安全性の高さもセリングポイントとなっている。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る