「アルピーヌA110」だけじゃない!
フレンチスポーツカーの奥深き世界を垣間見る

2019.07.24 デイリーコラム

モーターレーシング発祥の地・フランス

フレンチスポーツカーの偉大なアイコンである「アルピーヌA110」が見事によみがえったことから、メディアにはアルピーヌの足跡をたどるヒストリーが頻繁に紹介されるようになった。言うまでもなく、フランスのスポーツカーは、もちろんアルピーヌだけではない。

フランスは、ガソリンエンジン搭載車が発明されてから間もない時期に自動車レースを初開催するという、モーターレーシング発祥の地であり、レースカーはもとより、“超”が付くほど豪華なものから庶民的なものまで、これまで数多くの優れたスポーツカーを送り出してきた。

このコラムでは、そのすべてを紹介することは到底できないが、アルピーヌが活躍していた1950〜70年代のフランス製スポーツカーに焦点を合わせて、思いつくままに記していくことにした。それらは他の国のスポーツカーとは趣の違う強い個性を備え、それが大きな魅力になっている。

1928年「アミルカーCGSs」。フランスの小型スポーツカーには色気あふれるモデルが多いようだ。
1928年「アミルカーCGSs」。フランスの小型スポーツカーには色気あふれるモデルが多いようだ。拡大
ジャン・レデレが「ルノー4CV」をベースにスポーツカーを製作したことから、アルピーヌの歩みが始まる。
ジャン・レデレが「ルノー4CV」をベースにスポーツカーを製作したことから、アルピーヌの歩みが始まる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • 第601回:来日したマーケティング担当者を直撃! アルピーヌのブランド戦略と今後の展開を問う 2019.11.7 エディターから一言 輸入車ブランドが大量撤退した2019年の東京モーターショーに、アルピーヌがあえて新規出展した理由とは? 新モデル「A110S」の特徴や、気になる今後のラインナップ展開などもあわせ、来日した同社マーケティング・ダイレクターのレジス・フリコテ氏に話を聞いた。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
ホームへ戻る