「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売

2019.08.20 自動車ニュース
プジョー308テックパックエディション
プジョー308テックパックエディション拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年8月20日、プジョーブランドのハッチバック車「308」およびステーションワゴン「308SW」に特別仕様車「TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売の画像拡大
 
「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売の画像拡大
 
「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売の画像拡大
 
「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売の画像拡大

今回の特別仕様車は1.2リッター直3ガソリンターボエンジン(最高出力130PS/最大トルク230N・m)または1.5リッター直4ディーゼルターボエンジン(同130PS/同300N・m)を搭載したスタンダードグレード「アリュール」をベースに、装備の充実を図ったモデルである。

アクティブブラインドモニターやパークアシストといった運転支援機能に加えて、専用ハーフアルカンターラシート(ブルーアクセント)やインテリア各部のブルー&オレンジステッチ、アルミペダルなどのドレスアップパーツを採用。これらを加えながらベース車からの価格アップを10万円に抑えた点もセリングポイントとなっている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • アクティブブラインドスポットモニターシステム
  • パークアシスト
  • 専用バッジ(フロントフェンダー左右)
  • ブルー&オレンジステッチ(ステアリング、シート、ドアトリム)
  • TEPレザー&アルカンターラシート(ブルーアクセント)
  • アルミペダル/フロントドアステップガード/フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 308テックパックエディション:293万9000円
  • 308テックパックエディションBlueHDi:314万9000円
  • 308SWテックパックエディション:318万7000円
  • 308テックパックエディションBlueHDi:339万7000円

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • レクサスNX【開発者インタビュー】 2021.10.7 試乗記 2021年6月に初のフルモデルチェンジが発表された「レクサスNX」。都会派のミドルサイズSUVは、いかなる進化を遂げたのか。国内仕様の発表にあたり、チーフエンジニアの加藤武明さんにブランド変革の方向性も含めて話を聞いた。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
ホームへ戻る