「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化

2019.08.22 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴEDC
ルノー・トゥインゴEDC拡大

ルノー・ジャポンは2019年8月22日、Aセグメントのコンパクトカー「トゥインゴ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大

各部に手が加えられたエクステリア

ルノー・トゥインゴは、車体後方にエンジンを搭載したRRのコンパクトハッチバックであり、4.3mの最小回転半径が実現する取り回しのしやすさと、ユニークなスタイリングを特徴としている。

今回のマイナーチェンジの内容は内外装の変更と装備の充実化が中心で、エクステリアについては、C字状に光る新デザインのLEDヘッドランプとフロントウインカー(ヘッドランプ内蔵型)、LEDリアコンビランプを採用したほか、フロントバンパーとリアバンパーの意匠も変更。これに伴い、全長は3645mmと従来モデルから25mm拡大した。左のリアフェンダーに設けられた吸気用のエアインテークや、ドット柄となったサイドストライプ、新デザインの15インチアロイホイールもマイナーチェンジモデルの特徴となっている。

ボディーカラーは新色の「ジョン マンゴー」を含む全5色で、メタリックカラーの「ルージュ フラムM」のみ4万円(税込み)の有償色となっている。

インテリアの変更は機能性を重視

インテリアについては、複数種類あったカラーバリエーションを黒、白、ライトグレーの3色によるコーディネートに統一。ダッシュボードには、新たにインフォテインメントシステム「EASY LINK(イージーリンク)」の7インチタッチスクリーンが装備された。このシステムはApple CarPlayやAndroid Autoといったスマートフォンのミラーリング機能に対応しており、タッチスクリーンで携帯端末の各種機能にアクセスできるほか、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声操作も可能となっている。

このほかにも、センターコンソールの収納を脱着式のボックスから固定式のポケットに変更し、2つのUSBポートやAUX入力端子、ECOモードスイッチ、アイドリングストップのOFFスイッチの配置をこのポケット付近にまとめることで、使い勝手を向上させている。

装備の強化も図っており、先述のEASY LINKに加え、フロントカメラで車両前方の白線を検知し、車線をはみ出しそうになった際にアラームで注意を促す車線逸脱警報と、走行中にタイヤの空気圧低下を感知するとメーターパネルの表示灯が点灯してドライバーに異常を知らせるタイヤ空気圧警報を新たに採用している。

ラインナップは「トゥインゴEDC」のモノグレード構成で、パワートレインは0.9リッター直3ターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせのみ。価格は195万円。

(webCG)

◆関連記事:新型「ルノー・トゥインゴ」展示会の会場から

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
ホームへ戻る