「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化

2019.08.22 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴEDC
ルノー・トゥインゴEDC拡大

ルノー・ジャポンは2019年8月22日、Aセグメントのコンパクトカー「トゥインゴ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大

各部に手が加えられたエクステリア

ルノー・トゥインゴは、車体後方にエンジンを搭載したRRのコンパクトハッチバックであり、4.3mの最小回転半径が実現する取り回しのしやすさと、ユニークなスタイリングを特徴としている。

今回のマイナーチェンジの内容は内外装の変更と装備の充実化が中心で、エクステリアについては、C字状に光る新デザインのLEDヘッドランプとフロントウインカー(ヘッドランプ内蔵型)、LEDリアコンビランプを採用したほか、フロントバンパーとリアバンパーの意匠も変更。これに伴い、全長は3645mmと従来モデルから25mm拡大した。左のリアフェンダーに設けられた吸気用のエアインテークや、ドット柄となったサイドストライプ、新デザインの15インチアロイホイールもマイナーチェンジモデルの特徴となっている。

ボディーカラーは新色の「ジョン マンゴー」を含む全5色で、メタリックカラーの「ルージュ フラムM」のみ4万円(税込み)の有償色となっている。

インテリアの変更は機能性を重視

インテリアについては、複数種類あったカラーバリエーションを黒、白、ライトグレーの3色によるコーディネートに統一。ダッシュボードには、新たにインフォテインメントシステム「EASY LINK(イージーリンク)」の7インチタッチスクリーンが装備された。このシステムはApple CarPlayやAndroid Autoといったスマートフォンのミラーリング機能に対応しており、タッチスクリーンで携帯端末の各種機能にアクセスできるほか、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声操作も可能となっている。

このほかにも、センターコンソールの収納を脱着式のボックスから固定式のポケットに変更し、2つのUSBポートやAUX入力端子、ECOモードスイッチ、アイドリングストップのOFFスイッチの配置をこのポケット付近にまとめることで、使い勝手を向上させている。

装備の強化も図っており、先述のEASY LINKに加え、フロントカメラで車両前方の白線を検知し、車線をはみ出しそうになった際にアラームで注意を促す車線逸脱警報と、走行中にタイヤの空気圧低下を感知するとメーターパネルの表示灯が点灯してドライバーに異常を知らせるタイヤ空気圧警報を新たに採用している。

ラインナップは「トゥインゴEDC」のモノグレード構成で、パワートレインは0.9リッター直3ターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせのみ。価格は195万円。

(webCG)

◆関連記事:新型「ルノー・トゥインゴ」展示会の会場から

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る