「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボ

2019.08.22 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ ルコックスポルティフ
ルノー・トゥインゴ ルコックスポルティフ拡大

ルノー・ジャポンは2019年8月22日、Aセグメントのコンパクトハッチバック車「トゥインゴ」に限定モデル「ルコックスポルティフ」を設定し、同日注文受け付けを開始した。販売台数は150台で、デリバリー開始は同年10月下旬を予定している。

 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大

今回の特別仕様車は、フランスの総合スポーツ用品メーカー、ルコックスポルティフとのコラボレーションによって実現したモデルである。ルコックスポルティフの創業は1882年と、スポーツ用品メーカーとしてはフランスで最も長い歴史を持ち、2018年からはルノー F1チームのオフィシャルサプライヤーとなっている。

車両の特徴はカタログモデルとは異なる内外装にあり、ボディーカラーには同車専用色の「ブラン クオーツM」を採用。バックソナーやリアカメラを備えるなど、装備も充実している。

特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー:ブラン クオーツM
  • 専用サイドストライプ・専用デカール
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(ルコックスポルティフロゴ入り)
  • 専用キッキングプレート
  • ルージュドアミラー
  • プライバシーガラス
  • コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ
  • 専用16インチアロイホイール
  • ルージュ内装トリム(ダッシュボード・エアコンベゼル)
  • 専用ロゴプレート
  • レザー調×ファブリックコンビシート
  • 前席シートヒーター
  • 4スピーカー+サブウーハー
  • バックソナー+リアカメラ
  • リアシート下収納ネット
  • サングラスホルダー

価格は214万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • 新型「ルノー・トゥインゴ」展示会の会場から 2019.8.23 画像・写真 2019年8月24日、東京・青山で新型「ルノー・トゥインゴ」の展示会が行われる。一般向けの公開に先立って行われたメディア向け展示会の様子を、マイナーチェンジを受けたトゥインゴの詳細な姿とともに、写真でリポートする。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る