「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボ

2019.08.22 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ ルコックスポルティフ
ルノー・トゥインゴ ルコックスポルティフ拡大

ルノー・ジャポンは2019年8月22日、Aセグメントのコンパクトハッチバック車「トゥインゴ」に限定モデル「ルコックスポルティフ」を設定し、同日注文受け付けを開始した。販売台数は150台で、デリバリー開始は同年10月下旬を予定している。

 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボの画像拡大

今回の特別仕様車は、フランスの総合スポーツ用品メーカー、ルコックスポルティフとのコラボレーションによって実現したモデルである。ルコックスポルティフの創業は1882年と、スポーツ用品メーカーとしてはフランスで最も長い歴史を持ち、2018年からはルノー F1チームのオフィシャルサプライヤーとなっている。

車両の特徴はカタログモデルとは異なる内外装にあり、ボディーカラーには同車専用色の「ブラン クオーツM」を採用。バックソナーやリアカメラを備えるなど、装備も充実している。

特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー:ブラン クオーツM
  • 専用サイドストライプ・専用デカール
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(ルコックスポルティフロゴ入り)
  • 専用キッキングプレート
  • ルージュドアミラー
  • プライバシーガラス
  • コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ
  • 専用16インチアロイホイール
  • ルージュ内装トリム(ダッシュボード・エアコンベゼル)
  • 専用ロゴプレート
  • レザー調×ファブリックコンビシート
  • 前席シートヒーター
  • 4スピーカー+サブウーハー
  • バックソナー+リアカメラ
  • リアシート下収納ネット
  • サングラスホルダー

価格は214万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う? 2020.3.25 デイリーコラム 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続いて「アウディA3スポーツバック」の新型が登場した。ともにグループ内でCセグメントハッチバックの基幹車種と呼べるモデルだが、ブランドヒエラルキーのもとでどのような差がつけられているのだろうか。細かくチェックした。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
ホームへ戻る