「BMW M5」の35周年記念モデル登場 日本国内は10台限定で発売

2019.08.23 自動車ニュース
BMW M5 35Jahreエディション
BMW M5 35Jahreエディション拡大

BMWジャパンは2019年8月23日、ハイパフォーマンススポーツセダン「BMW M5」の誕生35周年を記念した特別仕様車「M5 35 Jahre(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)エディション」を発表し、同日、販売を開始した。

アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。
アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。拡大
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。拡大
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。拡大

BMW M5は、1985年に初登場。現行モデルは2018年に発表された第6世代で、2019年にはサーキット志向を際立たせた、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するフラッグシップモデル「M5コンペティション」が追加ラインナップされている。

今回の特別仕様車はそのM5コンペティションをベースに仕立てられたもので、車名の35 Jahre(35年を意味するドイツ語)から、全世界350台の限定生産となる。日本国内は右ハンドル仕様のみ、10台限定で発売される。

限定色フローズンダークシルバーのボディーカラーやアルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリム、ベージュコントラストステッチ入りのブラックフルレザーメリノシート、「35 Jahre」のロゴが入ったドアシル、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字がデザインされたカップホルダーカバーなどを装備。内外装を特別仕立てとしている。

価格は2160万円(消費税10%を含む)。納車は2019年12月以降となる。

(webCG)

関連キーワード:
M5セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M5セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る