「BMW M5」の35周年記念モデル登場 日本国内は10台限定で発売

2019.08.23 自動車ニュース
BMW M5 35Jahreエディション
BMW M5 35Jahreエディション拡大

BMWジャパンは2019年8月23日、ハイパフォーマンススポーツセダン「BMW M5」の誕生35周年を記念した特別仕様車「M5 35 Jahre(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)エディション」を発表し、同日、販売を開始した。

アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。
アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。拡大
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。拡大
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。拡大

BMW M5は、1985年に初登場。現行モデルは2018年に発表された第6世代で、2019年にはサーキット志向を際立たせた、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するフラッグシップモデル「M5コンペティション」が追加ラインナップされている。

今回の特別仕様車はそのM5コンペティションをベースに仕立てられたもので、車名の35 Jahre(35年を意味するドイツ語)から、全世界350台の限定生産となる。日本国内は右ハンドル仕様のみ、10台限定で発売される。

限定色フローズンダークシルバーのボディーカラーやアルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリム、ベージュコントラストステッチ入りのブラックフルレザーメリノシート、「35 Jahre」のロゴが入ったドアシル、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字がデザインされたカップホルダーカバーなどを装備。内外装を特別仕立てとしている。

価格は2160万円(消費税10%を含む)。納車は2019年12月以降となる。

(webCG)

関連キーワード:
M5セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M5セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMW M3コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.8.12 試乗記 BMWのハイパフォーマンスセダン「M3コンペティション」の新型がいよいよ国内デビュー。注目すべきは実に魅惑的な造形のフロントマスク……ではなく、最高出力510PSにまで達した3リッター直6ターボエンジンとそれを受け止める堅固なシャシーである。果たしてその仕上がりは?
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る