「BMW M5」の35周年記念モデル登場 日本国内は10台限定で発売

2019.08.23 自動車ニュース
BMW M5 35Jahreエディション
BMW M5 35Jahreエディション拡大

BMWジャパンは2019年8月23日、ハイパフォーマンススポーツセダン「BMW M5」の誕生35周年を記念した特別仕様車「M5 35 Jahre(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)エディション」を発表し、同日、販売を開始した。

アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。
アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。拡大
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。拡大
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。拡大

BMW M5は、1985年に初登場。現行モデルは2018年に発表された第6世代で、2019年にはサーキット志向を際立たせた、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するフラッグシップモデル「M5コンペティション」が追加ラインナップされている。

今回の特別仕様車はそのM5コンペティションをベースに仕立てられたもので、車名の35 Jahre(35年を意味するドイツ語)から、全世界350台の限定生産となる。日本国内は右ハンドル仕様のみ、10台限定で発売される。

限定色フローズンダークシルバーのボディーカラーやアルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリム、ベージュコントラストステッチ入りのブラックフルレザーメリノシート、「35 Jahre」のロゴが入ったドアシル、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字がデザインされたカップホルダーカバーなどを装備。内外装を特別仕立てとしている。

価格は2160万円(消費税10%を含む)。納車は2019年12月以降となる。

(webCG)

関連キーワード:
M5セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M5セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2020.12.26 試乗記 アウディのコンパクトカー「A1スポーツバック」に1リッターターボモデルが追加された。試乗車は、なかでも一番装備が簡素な「25 TFSI」。エントリーモデルのエントリーグレード、つまり「最も買い求めやすいアウディ」の仕上がりは?
  • 第79回:BMW M3セダン(前編) 2014.12.12 水野和敏的視点 R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす「水野和敏的視点」。今回の主役は「M3セダン」。サーキットが本籍のスポーツセダンの実力を、ミスターGT-Rが分析する。
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
ホームへ戻る