スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売

2019.08.24 自動車ニュース
アウディRS 5スポーツバック(写真は欧州仕様車)
アウディRS 5スポーツバック(写真は欧州仕様車)拡大

アウディ ジャパンは2019年8月24日、高性能モデル「アウディRS 5スポーツバック」の日本導入を発表した。同年8月27日に販売を開始する。

 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大
 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大
 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大
 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大

今回発表されたRS 5スポーツバックは、アウディの4ドアクーペ「A5/S5スポーツバック」のさらなる高性能バージョン。フロントには、最高出力450PS、最大トルク600N・mを発生する新開発の2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。8段AT(ティプトロニック)を介して4輪を駆動する。

DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付きスポーツサスペンションプラスや、リアの駆動力を最適に配分するスポーツディファレンシャルも標準装備される。優れたエネルギー効率もセリングポイントのひとつで、燃費はJC08モードで11.2km/リッターと公表される。

エクステリアについては、専用デザインのシングルフレームグリルや前後バンパー、大型のエアインレット、リアディフューザー、A5スポーツバックよりも15mmワイド化したボディーなどが特徴。標準装備のマトリクスLEDヘッドライトにカラーベゼルを採用することで、下位モデルとの差別化が図られている。さらに、マットアルミニウムルックとグロスブラックの2種類のカーボンスタイリングパッケージをはじめ、豊富なオプションも用意される。

一方インテリアは、ダイヤモンドステッチングが施されたファインナッパレザーのSスポーツシートや、アルミニウムレースのデコラティブパネル、アルカンターラをあしらったステアリングホイールおよびセレクターレバーなどで、スポーティーかつエレガントなムードが演出されている。

価格は1263万円。ハンドルの位置は左右が選べる。

(webCG)

関連キーワード:
RS 5スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • 海外のとはこんなに違う! 新型「カローラ」に見られる“驚異の工夫”とは? 2019.9.20 デイリーコラム 2019年9月17日に販売がスタートした、新型「トヨタ・カローラ」の国内仕様車。先行発売された海外モデルと同じかと思いきや、日本独自のニーズに応える、驚くべき工夫が施されていた!
ホームへ戻る