スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売

2019.08.24 自動車ニュース
アウディRS 5スポーツバック(写真は欧州仕様車)
アウディRS 5スポーツバック(写真は欧州仕様車)拡大

アウディ ジャパンは2019年8月24日、高性能モデル「アウディRS 5スポーツバック」の日本導入を発表した。同年8月27日に販売を開始する。

 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大
 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大
 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大
 
スタイリッシュな4ドアクーペの高性能モデル 「アウディRS 5スポーツバック」発売の画像拡大

今回発表されたRS 5スポーツバックは、アウディの4ドアクーペ「A5/S5スポーツバック」のさらなる高性能バージョン。フロントには、最高出力450PS、最大トルク600N・mを発生する新開発の2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。8段AT(ティプトロニック)を介して4輪を駆動する。

DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付きスポーツサスペンションプラスや、リアの駆動力を最適に配分するスポーツディファレンシャルも標準装備される。優れたエネルギー効率もセリングポイントのひとつで、燃費はJC08モードで11.2km/リッターと公表される。

エクステリアについては、専用デザインのシングルフレームグリルや前後バンパー、大型のエアインレット、リアディフューザー、A5スポーツバックよりも15mmワイド化したボディーなどが特徴。標準装備のマトリクスLEDヘッドライトにカラーベゼルを採用することで、下位モデルとの差別化が図られている。さらに、マットアルミニウムルックとグロスブラックの2種類のカーボンスタイリングパッケージをはじめ、豊富なオプションも用意される。

一方インテリアは、ダイヤモンドステッチングが施されたファインナッパレザーのSスポーツシートや、アルミニウムレースのデコラティブパネル、アルカンターラをあしらったステアリングホイールおよびセレクターレバーなどで、スポーティーかつエレガントなムードが演出されている。

価格は1263万円。ハンドルの位置は左右が選べる。

(webCG)

関連キーワード:
RS 5スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS Q3(4WD/7AT)/RS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.2.21 試乗記 日本未導入の新型「アウディQ3」をベースに、アウディスポーツが手を加えたハイパフォーマンスSUV「RS Q3」が早くも登場。ファストバックスタイルの「RS Q3スポーツバック」とも合わせ、冬のスウェーデンでその実力を確かめた。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る