「RS」モデルの誕生25周年を記念したアウディ 3モデルがデビュー

2020.10.14 自動車ニュース
アウディRS 4アバント RS 25years
アウディRS 4アバント RS 25years拡大

アウディ ジャパンは2020年10月13日、「RS」モデルの誕生25周年を記念した限定車「RS 4アバント RS 25years」「RS 5スポーツバック RS 25years」「TT RSクーペ RS 25years」を日本に導入すると発表した。それぞれ35台の台数限定で発売される。

RS 4アバント RS 25years
RS 4アバント RS 25years拡大
RS 5スポーツバック RS 25years
RS 5スポーツバック RS 25years拡大
TT RSクーペ RS 25years
TT RSクーペ RS 25years拡大

今回の限定車は、一部改良が施された最新型の「RS 4アバント」「RS 5スポーツバック」「TT RSクーペ」がベース。いずれも、1994年に初のRSモデルとして誕生した「RS 2アバント」へのオマージュとされる「ノガロブルー・パールエフェクト」のボディーカラーをまとう。

モデルごとの特別装備は、以下の通り。

【RS 4アバント RS 25years/RS 5スポーツバック RS 25years】

  • Audi rings(ブラック)
  • カラードブレーキキャリパー(レッド)
  • RSスポーツエキゾーストシステム
  • カーボンデコラティブパネル
  • カーボンエンジンカバー
  • 専用ロゴ付きアルカンターラ/レザーシート(ブルーステッチ)
  • アルカンターラフラットボトムステアリング/シフトノブ
  • ファインナッパレザーのドアアームレストとセンターコンソール(ブルーステッチ)
  • 専用ロゴ付きフロアマット
  • ウィンドウモールディング/ドアミラー/ルーフレール(ブラック)
  • マットアルミニウムルックサイドスカート

【TT RSクーペ RS 25years】

  • Audi rings(ブラック)
  • カラードブレーキキャリパー(レッド)
  • カーボンデコラティブパネル
  • カーボンエンジンカバー
  • マトリクスLEDリアライト
  • 20インチアルミホイール
  • マットアルミニウムルックのサイドスカート/フロントブレード/リアディフューザートリム
  • ドアミラー/リアスポイラーマウント/リアスポイラーサイドブレード(ブラック)
  • 専用ロゴ付きアルカンターラ/レザーシート(ブルーステッチ)
  • ステアリングセンターマーカー(ブルー)
  • エクステンデッドレザー
  • 専用ロゴ入りフロアマット(ブルーステッチ)
  • コンフォートパッケージ
  • プライバシーガラス
  • Bang&Olufsenサウンドシステム

価格と発売時期は以下の通り。

  • RS 4アバント RS 25years:1480万円(2020年12月以降)
  • RS 5スポーツバック RS 25years:1590万円(2021年1月以降)
  • TT RSクーペ RS 25years:1309万円(2020年12月以降)

(webCG)

関連キーワード:
RS 4アバント, RS 5スポーツバック, TT RSクーペ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.3.27 試乗記 ファンに惜しまれながらも、モデルライフの終了が決定した「ホンダS660」。最後のコンプリートカーとなる「モデューロX バージョンZ」の仕上がりは? ベース車両とサーキットで乗り比べ、その走りをチェックした。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る