ラグビーW杯2019を後援するランドローバー 大会運営に使用する車両贈呈式を開催

2019.08.30 自動車ニュース
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」でオフィシャルカーとして使用される「ランドローバー・ディスカバリー」。ボンネットと車両側面にはラッピングが施される。
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」でオフィシャルカーとして使用される「ランドローバー・ディスカバリー」。ボンネットと車両側面にはラッピングが施される。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年8月30日、ランドローバーブランドが後援する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」への、オフィシャルカーのデリバリーセレモニーを実施した。

ビッグキーを手にしたジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長(写真左)とラグビーワールドカップ2019組織委員会の嶋津 昭事務総長。
ビッグキーを手にしたジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長(写真左)とラグビーワールドカップ2019組織委員会の嶋津 昭事務総長。拡大
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルマスコット。髪が白い方が親のレンで、赤い方が子のジー。ペアでは「レンジー」と呼ばれる。名前について「レンジローバー」との関連はないそうだ。
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルマスコット。髪が白い方が親のレンで、赤い方が子のジー。ペアでは「レンジー」と呼ばれる。名前について「レンジローバー」との関連はないそうだ。拡大
新たにランドローバーのブランドアンバサダーに就任したラグビー元日本代表の廣瀬俊朗氏。
新たにランドローバーのブランドアンバサダーに就任したラグビー元日本代表の廣瀬俊朗氏。拡大
 
ラグビーW杯2019を後援するランドローバー 大会運営に使用する車両贈呈式を開催の画像拡大

全275台のオフィシャルカーを提供

2011年のニュージーランド、2015年のイングランドと、ラグビーワールドカップのオフィシャルパートナーを務めたランドローバー。2019年9月20日に開催される日本大会でも、大会期間中の各国の出場選手をはじめ、関係者およびボランティアスタッフの送迎に使うオフィシャルカーを提供する。車両はフラッグシップモデルの「レンジローバー」から新型「レンジローバー イヴォーク」まで、ランドローバーの全ラインナップが対象で、特別なラッピングが施された全部で275台のオフィシャルカーが日本各地の会場で活躍する予定だ。

式典ではジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長からラグビーワールドカップ2019組織委員会の嶋津 昭事務総長へとビッグキーが手渡された。嶋津氏は「イングランド大会に訪れたときにロンドンの街をランドローバー車がたくさん走っているのを見て、大変愛されているブランドだと感じていた。日本大会にも車両を提供していただき、この上ない喜びを感じている」と感謝の意を述べた。

続いては8月28日にランドローバーのブランドアンバサダーに就任したばかりの、ラグビー元日本代表の廣瀬俊朗氏が登壇。ランドローバーはすでにリーチ・マイケル選手、田村 優選手と、2人の日本代表プレーヤーをアンバサダーに迎えているが、廣瀬氏はこの2人に対して、選手としては先輩、アンバサダーとしては後輩ということになる。廣瀬氏は「以前に田村選手がランドローバー車に乗っているのを見て、実はとてもうらやましかった。アンバサダーに就任できたのは光栄だ」とコメント。ワールドカップで日本代表がどこまで勝ち進めるか? と聞かれると「ベスト8などではなく優勝……と言いたいところですが、決勝戦でイングランドと戦ってほしい」と、英国発祥のブランドへの配慮を忘れなかった。

ディスカバリースポーツ ラグビーワールドカップ2019エディション
ディスカバリースポーツ ラグビーワールドカップ2019エディション拡大
 
ラグビーW杯2019を後援するランドローバー 大会運営に使用する車両贈呈式を開催の画像拡大
 
ラグビーW杯2019を後援するランドローバー 大会運営に使用する車両贈呈式を開催の画像拡大
 
ラグビーW杯2019を後援するランドローバー 大会運営に使用する車両贈呈式を開催の画像拡大
 
ラグビーW杯2019を後援するランドローバー 大会運営に使用する車両贈呈式を開催の画像拡大

ワールドカップ開催を記念した特別仕様車

同日、ラグビーワールドカップ2019日本大会を記念した特別仕様車「ラグビーワールドカップ2019エディション」が、「ディスカバリー」および「ディスカバリースポーツ」にそれぞれ50台の台数限定で設定され、注文受付が開始された。

ベースモデルは「ディスカバリー ラグビーワールドカップ2019エディション」が3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載する「HSE」で、「ディスカバリースポーツ ラグビーワールドカップ2019エディション」が2リッターディーゼルターボエンジンを搭載する「SE」となる。

エクステリアカラーには、大会ロゴにも使用されている富士山に由来するという「フジホワイト」を採用。ロータリー式のシフトセレクターには大会ロゴをあしらったほか、フロントのサイドベントとテールゲートには、日本代表のラグビージャージをモチーフとしたレッドとホワイトのストライプがアクセントとして加えられる。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • 日本を象徴する富士山に由来し、ランドローバーがグローバル共通名称として使用しているエクステリアカラー「フジホワイト」
  • 日本代表ラグビージャージをモチーフにした、日の丸カラーのレッドとホワイトのストライプのアクセント
  • ラグビーワールドカップ2019日本大会のロゴをあしらったロータリーシフトセレクター
  • ブラックエクステリアパック
  • 3列目シート
  • 1列目&2列目シートヒーター
  • ヒーテッドステアリングホイール
  • ドライバーアシストパック
  • リモートインテリジェントフォールド
  • スマートフォンパック

価格はディスカバリー ラグビーワールドカップ2019エディションが949万円で、ディスカバリースポーツ ラグビーワールドカップ2019エディションが649万円。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー, ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツの最上級3列シートSUV「GLS」がフルモデルチェンジ 2020.3.23 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月23日、新型「メルセデス・ベンツGLS」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。最新のGLSは、2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2019年4月のニューヨークモーターショーで初披露された。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る