新型「911カレラ/911カレラ カブリオレ」の国内受注がスタート

2019.08.30 自動車ニュース
ポルシェの新型「911カレラ」(写真左)と「911カレラ カブリオレ」(同右)。
ポルシェの新型「911カレラ」(写真左)と「911カレラ カブリオレ」(同右)。拡大

ポルシェ ジャパンは2019年8月30日、新型「911カレラ」および「911カレラ カブリオレ」の価格を発表。同日、予約受注を開始した。

911カレラ
911カレラ拡大
911カレラ カブリオレ
911カレラ カブリオレ拡大

今回導入が発表されたのは、第8世代にあたるベーシックな911カレラと、そのオープントップバージョンである911カレラ カブリオレ。パワーユニットは、最高出力385psを発生する3リッター水平対向6気筒ターボエンジンで、先代の911カレラ/911カレラ カブリオレに比べ、15psの出力向上が図られている。トランスミッションはともに、PDKと呼ばれるデュアルクラッチ式の8段AT。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなっている。

価格は以下の通り。デリバリーの開始時期は、現時点では未定。

  • 911カレラ:1335万円
  • 911カレラ カブリオレ:1560円

(webCG)

関連キーワード:
911, 911カブリオレ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
  • ポルシェ・タイカン4S(4WD)【海外試乗記】 2019.12.13 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に、新たなエントリーグレード「4S」が加えられた。試乗のために筆者が降り立ったのは、北欧はフィンランド北部の北極圏! やはりポルシェ、クルマの出来栄えのみならず、試乗の舞台にも“究極”を求めるのだった。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
ホームへ戻る