黒を基調に外装を仕立てた「プジョー308 GTライン/308SW GTライン」の特別仕様車「ブラックパック」登場

2019.09.03 自動車ニュース
プジョー308 GTラインBlueHDiブラックパック
プジョー308 GTラインBlueHDiブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年9月3日、Cセグメントモデル「308」のスポーティーグレード「GTライン」に、特別仕様車「Black Pack(ブラックパック)」を設定。同日、販売を開始した。

ブラックのフロントグリル中央に、ダーククロームライオンエンブレムが備わる。
ブラックのフロントグリル中央に、ダーククロームライオンエンブレムが備わる。拡大
10本スポークデザインの18インチブラックアロイホイール。
10本スポークデザインの18インチブラックアロイホイール。拡大
「308SW GTラインBlueHDi」のブラックルーフレール。
「308SW GTラインBlueHDi」のブラックルーフレール。拡大

今回導入された特別仕様車は、最高出力130PSを発生する1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンが搭載されるハッチバックモデル「308 GTラインBlueHDi」とステーションワゴン「308SW GTラインBlueHDi」がベース。ブラック基調のエクステリアパーツとブラックの18インチアロイホイールが特徴となっている。

採用される特別装備は以下の通り。

  • ダーククロームライオンエンブレム
  • ブラックフロントグリル
  • ブラックドアミラー
  • ブラックサイドウィンドウモール
  • ブラックルーフレール(SWのみ)
  • 18インチブラックアロイホイール「SAPHIR」

ボディーカラーはパールホワイト、マグネティックブルー、ペルラネラブラック、ハリケーングレーの4色が用意される。

価格は308 GTラインBlueHDiブラックパックが338万円、308SW GTラインBlueHDiブラックパックが362万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • 「プジョー208/e-208」の一部仕様変更 ガソリンエンジン車は燃費が向上 2021.2.24 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年2月24日、プジョーのコンパクトカー「208」「e-208」の一部グレードについて、グレード名や装備を変更したと発表。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る