黒を基調に外装を仕立てた「プジョー308GTライン/308SW GTライン」の特別仕様車「ブラックパック」登場

2019.09.03 自動車ニュース
プジョー308GTラインBlueHDiブラックパック
プジョー308GTラインBlueHDiブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年9月3日、Cセグメントモデル「308」のスポーティーグレード「GTライン」に、特別仕様車「Black Pack(ブラックパック)」を設定。同日、販売を開始した。

ブラックのフロントグリル中央に、ダーククロームライオンエンブレムが備わる。
ブラックのフロントグリル中央に、ダーククロームライオンエンブレムが備わる。拡大
10本スポークデザインの18インチブラックアロイホイール。
10本スポークデザインの18インチブラックアロイホイール。拡大
「308SW GTラインBlueHDi」のブラックルーフレール。
「308SW GTラインBlueHDi」のブラックルーフレール。拡大

今回導入された特別仕様車は、最高出力130PSを発生する1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンが搭載されるハッチバックモデル「308GTラインBlueHDi」とステーションワゴン「308SW GTラインBlueHDi」がベース。ブラック基調のエクステリアパーツとブラックの18インチアロイホイールが特徴となっている。

採用される特別装備は以下の通り。

  • ダーククロームライオンエンブレム
  • ブラックフロントグリル
  • ブラックドアミラー
  • ブラックサイドウィンドウモール
  • ブラックルーフレール(SWのみ)
  • 18インチブラックアロイホイール「SAPHIR」

ボディーカラーはパールホワイト、マグネティックブルー、ペルラネラブラック、ハリケーングレーの4色が用意される。

価格は308GTラインBlueHDiブラックパックが338万円、308SW GTラインBlueHDiブラックパックが362万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • 日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
ホームへ戻る