黒を基調に外装を仕立てた「プジョー308GTライン/308SW GTライン」の特別仕様車「ブラックパック」登場

2019.09.03 自動車ニュース
プジョー308GTラインBlueHDiブラックパック
プジョー308GTラインBlueHDiブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年9月3日、Cセグメントモデル「308」のスポーティーグレード「GTライン」に、特別仕様車「Black Pack(ブラックパック)」を設定。同日、販売を開始した。

ブラックのフロントグリル中央に、ダーククロームライオンエンブレムが備わる。
ブラックのフロントグリル中央に、ダーククロームライオンエンブレムが備わる。拡大
10本スポークデザインの18インチブラックアロイホイール。
10本スポークデザインの18インチブラックアロイホイール。拡大
「308SW GTラインBlueHDi」のブラックルーフレール。
「308SW GTラインBlueHDi」のブラックルーフレール。拡大

今回導入された特別仕様車は、最高出力130PSを発生する1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンが搭載されるハッチバックモデル「308GTラインBlueHDi」とステーションワゴン「308SW GTラインBlueHDi」がベース。ブラック基調のエクステリアパーツとブラックの18インチアロイホイールが特徴となっている。

採用される特別装備は以下の通り。

  • ダーククロームライオンエンブレム
  • ブラックフロントグリル
  • ブラックドアミラー
  • ブラックサイドウィンドウモール
  • ブラックルーフレール(SWのみ)
  • 18インチブラックアロイホイール「SAPHIR」

ボディーカラーはパールホワイト、マグネティックブルー、ペルラネラブラック、ハリケーングレーの4色が用意される。

価格は308GTラインBlueHDiブラックパックが338万円、308SW GTラインBlueHDiブラックパックが362万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • 「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売 2019.8.20 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年8月20日、プジョーブランドのハッチバック車「308」およびステーションワゴン「308SW」に特別仕様車「TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定し、販売を開始した。
  • 第143回:ねらえ! リッター30km 2019.9.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第143回は「ねらえ! リッター30km」。BlueHDi搭載の「プジョー308」が驚きの低燃費をマーク! ディーゼル車の燃費には、まだ伸びる余地があるのか!? リッター30kmを目標に、激安中古の「BMW 320d」でエコランに挑戦。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
ホームへ戻る