東京モーターショー2019

マツダが初の量産電気自動車を発表 「マツダ3」「CX-30」に続く新世代商品の第3弾【東京モーターショー2019】

2019.09.25 自動車ニュース

マツダは2019年9月25日、第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)において、同社初となる量産型の電気自動車(EV)を世界初公開すると発表した。

新型EVは、「マツダ3」「CX-30」に続く新世代商品の第3弾として登場。「マツダの開発哲学である人間中心の設計思想を基に、EVならではの特性を最大限に生かすことで、ドライバーが自然に、心から運転を楽しむことができる走りを実現する」とアナウンスされている。現時点ではデザインやスペックなど、詳細は明らかにされていない。

新型EVを含め展示が予定されるモデルは以下の通り。

  • 新型EV(世界初公開/参考出品)
  • ロードスター
  • マツダ3ファストバック
  • マツダ3セダン
  • CX-30
  • CX-5
  • CX-8

(webCG)

 
マツダが初の量産電気自動車を発表 「マツダ3」「CX-30」に続く新世代商品の第3弾【東京モーターショー2019】の画像拡大

関連キーワード:
マツダ3ファストバック, マツダ3セダン, マツダ, モーターショー, 東京モーターショー2019, 自動車ニュース

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
ホームへ戻る