トヨタとスバルが新たな業務資本提携に合意 関係を強化すべく株式を相互保有

2019.09.27 自動車ニュース

トヨタ自動車とスバルは2019年9月27日、株式の相互保有を含む、新たな業務資本提携に合意したと発表した。

新型「トヨタ86」「スバルBRZ」の開発についても発表

トヨタとスバルは、2005年に業務提携に合意して以来、スバルによるトヨタ車の受託生産や、トヨタからスバルへの車両供給、スポーツカー「トヨタ86」「スバルBRZ」の共同開発など、さまざまな分野で協業に取り組んできた。また、2019年6月には、EV専用プラットフォームやEV車両開発にも協力して取り組むことで合意している。

今回、両社はトヨタからスバルへの出資比率を引き上げるとともに、スバルもトヨタの株式を取得することで合意。トヨタは現在の議決権比率16.83%から、20%に達するまでスバルの株式を買い増し、スバルも800億円を上限に、これと同額のトヨタの株式を取得することとなった。これにより、スバルはトヨタの関連会社(持分法適用会社)となる。

また、新しい業務提携の内容として、4WDモデルの共同開発や、トヨタ86/スバルBRZの次期モデルの共同開発、「クロストレック ハイブリッド」に続くスバル車へのTHS(トヨタハイブリッドシステム)の設定拡大、コネクティッド領域での協調、自動運転分野での技術連携が発表された。

トヨタとスバルは今回の業務資本提携の目的を、「両社のブランドの独自性を尊重しつつ、次のステージに向け、関係をより深いものに発展、結び付きを強化するため」としている。

(webCG)

「トヨタ86」(上)と「スバルBRZ」(下)。
「トヨタ86」(上)と「スバルBRZ」(下)。拡大

関連キーワード:
トヨタ, スバル, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事