1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売

2019.10.09 自動車ニュース
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィー
ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィー拡大

ルノー・ジャポンは2019年10月9日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィー」を導入し、同年10月31日に発売すると発表した。

 
1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売の画像拡大
 
1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売の画像拡大
 
1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売の画像拡大
 
1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売の画像拡大
 
1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売の画像拡大
 
1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売の画像拡大
 
1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売の画像拡大
都内で開催された商品発表会であいさつに立ったルノー・ジャポンの大極 司社長。2019年来のルノーと日産をめぐる騒動について「プラットフォームなどの共有化が進んでおり、すでに切っても切れない関係だ。(三菱も含めた)3社で進んでいきたい」と語った。
都内で開催された商品発表会であいさつに立ったルノー・ジャポンの大極 司社長。2019年来のルノーと日産をめぐる騒動について「プラットフォームなどの共有化が進んでおり、すでに切っても切れない関係だ。(三菱も含めた)3社で進んでいきたい」と語った。拡大
ルノーF1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ選手(写真右)と大極 司社長(同左)。ヒュルケンベルグ選手は週末に迫ったF1 日本GPについて「できるだけいい結果を目指す。ポイントを積み重ねたい」と意気込みを語った。
ルノーF1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ選手(写真右)と大極 司社長(同左)。ヒュルケンベルグ選手は週末に迫ったF1 日本GPについて「できるだけいい結果を目指す。ポイントを積み重ねたい」と意気込みを語った。拡大

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーは「メガーヌR.S.」のハイパフォーマンスバージョンだ。2019年2月に限定車として導入された「メガーヌR.S.カップ」よりもハードにチューニングされたエンジンを搭載し、カタログモデルとして販売される。

搭載される1.8リッター直4直噴ターボエンジンは、メガーヌR.S.から21PSアップの最高出力300PSを発生。トランスミッションは6段のデュアルクラッチ式AT(EDC)および6段MTを設定し、最大トルクは6段EDC仕様が420N・m(メガーヌR.S.から30N・mアップ)、6段MT仕様が400N・m(同10N・mアップ)となる。アクセル操作に対する応答性向上を図るべく、ターボチャージャーにはF1マシンでも使用するセラミックボールベアリングシステムを採用。ノーマルモデルのスチールボールベアリングと比べて、摩擦抵抗を3分の1に低減した。

さらに、エンジンサウンドを任意に変更できるアクティブバルブ付きスポーツエキゾーストを搭載。2つの排気ルートの片側に機械式バルブが取り付けられており、バルブを閉じると低周波を除去して中周波を最適化し、スポーティーでありながら騒音レベルを抑えたサウンドに。バルブを開くと排気はより直接的な流路を通り、エンジン性能をフルに引き出すとともに、スポーツモデルにふさわしいサウンドをとどろかせる。

限定車メガーヌR.S.カップと同じく、スプリングレートをフロントで23%、リアで35%高め、ダンパーレートも25%強化した「シャシーカップ」を採用。トルセンLSDや鋳鉄製ディスクとアルミ製のハブを組み合わせたブレーキシステムを装備するのも同様だ。さらに、トロフィーではディスクがスリット入りタイプに変更されている。

エクステリアでは、フロントバンパーに「TROPHY」デカールが備わるほか、レーシングカー「R.S.01」のホイールデザインをそのまま採用したという19インチの「TROPHY」アロイホイールも装備する。

インテリアでは、フロントにアルカンターラ表皮のヘッドレスト一体型RECARO製バケットシートを採用。1脚あたりの重量は23.5kgとされており、軽量化にも寄与している。さらに、ナパレザー/アルカンターラ巻きのステアリングホイールも装備する。

このほか、従来の12Vバッテリーに代えて、小型バッテリーとスーパーキャパシタ(蓄電器)を組み合わせてカプセル化した「デュアルエナジーストレージシステム」を搭載。標準的なL1サイズのバッテリーと同等のサイズながら冷間時のクランキング力に優れるほか、重量8.4kgと軽量化にも貢献する。ちなみに車両重量はノーマルのメガーヌR.S.が1480kgに対し、トロフィーでは6段EDC仕様が1470kg、6段MT仕様が1450kgとなっている。

ボディーカラーは「ジョン シリウスM」(16万円のオプション)と「ブラン ナクレM」(同2万2000円)、そして「グリ チタニアムM」の全3色展開となる。

価格は6段EDC仕様が499万円で、6段MT仕様が489万円。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る