東京モーターショー2019

燃料電池車はエモーショナルであるべきだ トヨタが新型「ミライ」のコンセプトモデルを展示【東京モーターショー2019】

2019.10.11 自動車ニュース
トヨタ・ミライ コンセプト
トヨタ・ミライ コンセプト拡大

トヨタ自動車は2019年10月11日、東京モーターショーのMEGA WEB会場で開催される「FUTURE EXPO」において、燃料電池車(FCV)「MIRAI Concept(ミライ コンセプト)」を世界初公開すると発表した。

 
燃料電池車はエモーショナルであるべきだ トヨタが新型「ミライ」のコンセプトモデルを展示【東京モーターショー2019】の画像拡大
 
燃料電池車はエモーショナルであるべきだ トヨタが新型「ミライ」のコンセプトモデルを展示【東京モーターショー2019】の画像拡大
 
燃料電池車はエモーショナルであるべきだ トヨタが新型「ミライ」のコンセプトモデルを展示【東京モーターショー2019】の画像拡大
 
燃料電池車はエモーショナルであるべきだ トヨタが新型「ミライ」のコンセプトモデルを展示【東京モーターショー2019】の画像拡大
 
燃料電池車はエモーショナルであるべきだ トヨタが新型「ミライ」のコンセプトモデルを展示【東京モーターショー2019】の画像拡大

2014年12月に、トヨタ初の量産型FCVとして発売された「ミライ」。2代目となる新型は2020年末の発売を視野に開発が進められており、今回の展示車はその最終段階となるコンセプトモデルだという。

「環境対応車なのだから、環境性能に優れるのは当たり前」という考えのもとに、新型では“エモーショナルな魅力と性能”――具体的には「思わず振り返りたくなるスタイリング」と「思わず踏みたくなる新感覚の走り」――を追求したという。

そんなミライ コンセプトのボディーサイズは全長×全幅×全高=4975×1885×1470mmで、ホイールベースは2920mm。現行型ミライに比べて85mm長く(ホイールベースは140mm延長)、70mm幅広く、65mm低くなっている。この伸びやかなプロポーションに加えて、20インチの大径タイヤを装着することにより、ダイナミックで軽快なイメージが演出されている。

インテリアは、ドライバーを包み込むようなインストゥルメントパネルや、12.3インチのワイドモニターなどが特徴。運転する楽しさと先進のくつろぎ感を併せ持つ、シンプル&モダンで温かみのある空間とうたわれる。なお、乗車定員は現行モデルより1人多い5人となる。

メカニズムについては、完全新設計のプラットフォームとFCユニットを採用。駆動方式が現行の前輪駆動から後輪駆動へと改められており、ワインディングロードでも意のままになる走りが楽しめるとアピールされる。また、水素の搭載容量を拡大し航続距離を30%アップさせるなど、燃料電池車としての性能向上も図られている。

トヨタはこの次期型に、水素エネルギー社会の実現をけん引する存在になることを期待しているという。

(webCG)
 

関連キーワード:
ミライ, トヨタ, 東京モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ ミライ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ミライZ(RWD)【試乗記】 2021.3.5 試乗記 フルモデルチェンジでがらりと見た目の変わったトヨタの燃料電池車「ミライ」。大型FR車用のプラットフォームを用いたパッケージングや走り、そして一新された内外装デザインなど、純粋に“魅力あるクルマ”を目指したというが、果たしてその進化やいかに。
  • トヨタ・ミライ(FF)【試乗記】 2015.4.20 試乗記 トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」に、公道で試乗。走りに乗り心地、使い勝手、さらに燃料の補給まで、次世代型エコカーの“実際”をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.28 試乗記 新世代の1.5リッターガソリンエンジンを搭載した「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」に試乗。室内が広く快適で、荷物もたくさん積めるという実用性に注目が集まるパサートだが、その走りはいかなる進化を遂げたのか。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.23 試乗記 2021年5月にマイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア」の最新モデルに試乗。従来型からの進化のポイントをチェックするとともに、オールドミニのスタイルを受け継ぎ、3世代20年にわたり歴史を重ねてきた“ニューMINI”の足跡に思いをはせた。
ホームへ戻る