トヨタとダイハツのタッグで実現 新型軽オープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」登場

2019.10.15 自動車ニュース
トヨタ・コペンGRスポーツ
トヨタ・コペンGRスポーツ拡大

トヨタ自動車は2019年10月15日、新型の軽オープンスポーツカー「トヨタ・コペンGR SPORT(スポーツ)」を発売した。

ディフューザー形状のフィン付きリアバンパーが装着される。
ディフューザー形状のフィン付きリアバンパーが装着される。拡大
ブラック基調で統一されたインテリア。トランスミッションはMTとATが選べる。
ブラック基調で統一されたインテリア。トランスミッションはMTとATが選べる。拡大
専用のレカロシート。シートカラーはブラックのみとなる。
専用のレカロシート。シートカラーはブラックのみとなる。拡大

メーターパネルには「GR」のロゴマークが添えられる。


	メーターパネルには「GR」のロゴマークが添えられる。
	拡大
車体のフロア下には、ボディー剛性を最適化するためのさまざまなブレースが装着されている。
車体のフロア下には、ボディー剛性を最適化するためのさまざまなブレースが装着されている。拡大
ルーフは、ベースとなる「ダイハツ・コペン」同様、電動開閉式。
ルーフは、ベースとなる「ダイハツ・コペン」同様、電動開閉式。拡大
ボディーカラーは全8色。写真は「トニコオレンジメタリック」と名付けられたオレンジ色。
ボディーカラーは全8色。写真は「トニコオレンジメタリック」と名付けられたオレンジ色。拡大

コペンGRスポーツは、トヨタのスポーツカーシリーズ「GR」では初となる、軽規格のオープントップモデル。TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動における知見を生かし、「ダイハツ・コペン」シリーズをベースに開発された。生産はダイハツが行い、トヨタにOEM供給される。

トヨタによれば、今回のモデルは既存のダイハツ・コペンと、GRが理想とする走りの味の融合であり、路面からのインフォメーションや車体の挙動をダイレクトに感じとることができ、スポーツカーらしいハードな乗り心地が楽しめるコペンの可能性をさらに広げるものだという。

具体的な車体チューニングのメニューとして挙げられるのは、フロントのブレース(補強材)追加やセンターブレースの形状変更などによるボディー剛性の最適化。サスペンションのスプリングレートを変更するとともに、専用ショックアブソーバーを採用し、「しなやかな動き」と接地感のある「フラットな乗り味」を追求した。電動パワーステアリングにも専用のチューニングが施されており、日常生活の中でも、ライトウェイトスポーツカーらしい意のままに車両をコントロールする気持ちよさが得られるとアピールされる。

トランスミッションはダイハツのコペンと同様に5段MTとCVTが用意される。5段MT車で850kg、CVT車で870kgという車重や、エンジンのアウトプット(最高出力64PS、最大トルク92N・m)、ボディーサイズ(全長×全幅×全高=3395×1475×1280mm)といった基本のスペックは変わらない。

空力性能の向上も意識してカスタマイズされたエクステリアは、大開口のフロントグリルやアンダースポイラー形状のフロントバンパー、ディフューザー形状のリアバンパー、マットグレーで塗られたBBS製鍛造アルミホイールなどが特徴。「GR SPORT」エンブレムも車体の前後左右に添えられる。

インテリアはブラック基調でコーディネートされており、専用のレカロシートや自発光式3眼メーター、MOMO製の専用革巻きステアリングホイール、専用ピアノブラック調加飾のセンタークラスターなどが装着される。

価格は5段MT車が243万5000円(+52万6500円 ※カッコ内は「ダイハツ・コペン ローブ」との価格差)で、CVT車が238万円(+47万1500円)。ボディーカラーは全8色が用意され、以下のカスタマイズパーツもラインナップされる。

  • GRフロントスポイラー:5万1700円
  • GRフロントコーナースポイラー:4万4000円
  • GRサイドスカート:6万6000円
  • GRリアサイドスポイラー:4万7300円
  • GRリアトランクスポイラー:2万2000円

(webCG)
 

関連キーワード:
コペン, コペン ローブ, ダイハツ, トヨタ, 自動車ニュース

ダイハツ コペン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • 「ダイハツOFC-1」次期型コペンはグラスルーフ採用か?【出展車紹介】 2007.10.12 国産車 フランクフルトモーターショーで世界初公開された「OFC-1」が、いよいよ本拠地日本でデビュー。次世代オープンカーのコンセプトと謳うものの、その内外装の作り込みはかなり現実的で、「間もなく発表される次期型コペン」と言われても驚かない。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.8.21 試乗記 走りも意外や本格派? 初代から受け継がれたリトラクタブルハードトップや、話題を集める「着せ替えボディー」だけにとどまらない、新型「コペン」の魅力に触れた。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)【試乗記】 2014.10.17 試乗記 新骨格構造「D-Frame」と“着せ替え”可能な「DRESS-FORMATION」の採用など、ユニークなコンセプトが話題の軽オープンスポーツカー「コペン」。CVTモデルに試乗し、その走りを確かめた。
ホームへ戻る