東京モーターショー2019

マイナーチェンジでスタイリッシュに 最新の「メルセデス・ベンツVクラス」が日本上陸【東京モーターショー2019】

2019.10.23 自動車ニュース
メルセデス・ベンツVクラス
メルセデス・ベンツVクラス拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年10月23日、東京モーターショー2019の会場において、マイナーチェンジしたミニバン「Vクラス」の日本導入を発表。同日、予約注文の受け付けを開始した。

 
マイナーチェンジでスタイリッシュに 最新の「メルセデス・ベンツVクラス」が日本上陸【東京モーターショー2019】の画像拡大
新たに採用された「エクスクルーシブシート」。ヘッドレストクッション、オットマン、リラクゼーション機能、シートヒーター、シートベンチレーターなどが備わる。
新たに採用された「エクスクルーシブシート」。ヘッドレストクッション、オットマン、リラクゼーション機能、シートヒーター、シートベンチレーターなどが備わる。拡大
 
マイナーチェンジでスタイリッシュに 最新の「メルセデス・ベンツVクラス」が日本上陸【東京モーターショー2019】の画像拡大
ボディーの全長は3種類。用途に応じて選択できる。
ボディーの全長は3種類。用途に応じて選択できる。拡大
特別仕様車「V260アバンギャルド ロング」。ガソリンの2リッター直4ターボエンジンを搭載する。
特別仕様車「V260アバンギャルド ロング」。ガソリンの2リッター直4ターボエンジンを搭載する。拡大

最新型のエクステリアは、大開口のエアインテークと左右にクロームのアクセントを取り入れた新形状のバンパーなどにより、スポーティーなフロントデザインに。さらに、全グレードにドレスアップオプションの「AMGライン」が設定された。

シートレイアウトは従来と同様で、2列目が独立シート、3列目がベンチシートの7人乗り仕様となる。多彩なシートアレンジを得意としており、後席を対面形式にできるほか、後席が2座のショーファードリブン仕様とすることも可能。多くの荷物を運びたいときには、後席を取り外して広大なラゲッジスペースが作り出せる。

快適性の要となるエアコンについては、前席左右だけでなく、後席も独立した設定が可能な「後席専用クライメートコントロール」を全車に標準化した。さらに高級ミニバンのニーズの高まりを受けて、「エクスクルーシブシートパッケージ」を新設定(エントリーグレードを除く)。これは2列目シートを多機能で快適性の高い「エクスクルーシブシート」にしたもので、ヘッドレストクッション、オットマン、リラクゼーション機能、シートヒーター、シートベンチレーターなどが利用できる。

先進安全機能の強化もトピックで、長時間走行時のドライバーの疲労と眠気を検知して注意力低下を警告する「アテンションアシスト」、走行中の横風に対してブレーキ制御で安定した走行をサポートする「クロスウインドアシスト」を全車に標準装備。また衝突被害軽減ブレーキや全車速追従機能付きアダクティブクルーズコントロール機能などを含む、メルセデス最新の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」がオプション設定されている。

パワーユニットは、2.2リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンのみ。大きさの異なる2基のターボチャージャー(2ステージターボチャージャー)を備え、最高出力163PS、最大トルク380N・mを発生する。トランスミッションは7段AT。駆動方式はFRで、全車、足まわりには「AGILITY CONTROLサスペンション」が採用されている。

ラインナップは、標準ボディーの「V220d」、ロングボディーの「V220dアバンギャルド ロング」、スーパーロングボディーの「V220dアバンギャルド エクストラロング」の3タイプ。さらにマイナーチェンジモデル導入を記念した特別仕様車「V260アバンギャルド ロング」も105台限定で販売される。このV260アバンギャルド ロングは、カタログモデルとは異なる2リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン(最高出力211PS、最大トルク350N・m)を搭載。トランスミッションは他モデル同様7段ATで、「レーダーセーフティパッケージ」「AMGライン」「エクスクルーシブシートパッケージ」といったオプションが標準装着されている。また、ボディーカラーが限定色「グラファイトグレー」のみとなる。

最新型Vクラスの価格は以下の通り。納車時期は、V220dアバンギャルド ロングとV260アバンギャルド ロングが2020年1月ごろで、その他のモデルは2020年春ごろになる見込み。

  • V220d:740万円
  • V220dアバンギャルド ロング:764万円
  • V220dアバンギャルド エクストラロング:790万円
  • V260アバンギャルド ロング:950万円

(文=大音安弘)
 

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 東京モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 「MBUX」を標準装備した「メルセデス・ベンツVクラス」発売 2020.7.13 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年7月13日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデルを導入すると発表し、販売を開始した。安全運転運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」および対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備化した。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る