東京モーターショー2019

マツダが「CX-8」を一部改良 3列シート車としての利便性や快適性が向上【東京モーターショー2019】

2019.10.24 自動車ニュース
マツダCX-8 XDエクスクルーシブ モード
マツダCX-8 XDエクスクルーシブ モード拡大

マツダは2019年10月23日、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の改良モデルを同年11月28日に発売すると発表した。同車は第46回東京モーターショー2019で初公開されている。

「CX-8 XDエクスクルーシブ モード」のシートには、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能が採用されている。
「CX-8 XDエクスクルーシブ モード」のシートには、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能が採用されている。拡大
今回の改良で、センターディスプレイのサイズが7インチから8インチに大型化された。
今回の改良で、センターディスプレイのサイズが7インチから8インチに大型化された。拡大
新グレード「XDプロアクティブSパッケージ」のインテリア。
新グレード「XDプロアクティブSパッケージ」のインテリア。拡大
特別仕様車「エクスクルーシブ モード」に採用された、2列目シートの電動スライド&リクライニング機構。
特別仕様車「エクスクルーシブ モード」に採用された、2列目シートの電動スライド&リクライニング機構。拡大

CX-8は、マツダの最上位クロスオーバーSUVとして2017年12月に登場。今回の改良では、電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備を追加したほか、塗布型制振材の採用により雨粒がルーフをたたくことで発生する騒音を低減させるなどし、上質感を高めたという。

荷室は、サブトランクボックスの容量を拡大。ボーズサウンドシステム非装着車は84リッターに(前モデル比+19リッター)、ボーズサウンドシステム装着車は56リッター(前モデル比+8リッター)にそれぞれ拡大されている。ボーズサウンドシステム装着車は、機内持ち込みサイズのスーツケースであれば3列目を使用した状態でも(形状によるが)4個積載が可能になっている。

「Lパッケージ」には2列目ベンチシートにワンタッチウォークインスイッチを追加したほか、ナッパレザー素材を採用したウォークスルータイプのキャプテンシートも設定されている。「XDプロアクティブSパッケージ」にブラックのレザーシートを、「25Sプロアクティブ」「XDプロアクティブ」「XDプロアクティブSパッケージ」のセカンドシートにヒーター(左右席)を、ウォークスルータイプのキャプテンシート車(「25S」を除く)に、2列目用カップホルダーと充電用USB端子を、一部グレードの3列目シートに充電用USB端子を新たに採用するなど、機能の向上が図られている。

走行面ではAWD車に新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」を搭載し、「SKYACTIV-G 2.5モデル」にAWDを、「SKYACTIV-G 2.5Tモデル」に2WDを追加設定。すべてのエンジンにおいて2WD車とAWD車が選択できるようになった。

インテリアでは、センターディスプレイのサイズが7インチから8インチに大型化されている。

また今回、2列目のアームレスト付きコンソールを備えたキャプテンシートに、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能が採用された特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ モード)」を追加。運転席および助手席にシートヒーターとベンチレーション機能を備えるブラックのレザーシート(6人乗り/7人乗り)やフレームレス自動防眩ルームミラー、7インチマルチスピードメーターが採用された新グレード「XDプロアクティブSパッケージ」も設定されている。

価格は294万8000円から489万0600円まで。

(webCG)

関連キーワード:
CX-8, マツダ, モーターショー, 東京モーターショー2019, 自動車ニュース

マツダ CX-8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る