マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビュー

2019.10.25 自動車ニュース
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ拡大

独フォルクスワーゲンは2019年10月24日(現地時間)、ドイツ・ウォルフスブルクにおいて、新型「ゴルフ」を発表した。

 
マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビューの画像拡大
 
マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビューの画像拡大
 
マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビューの画像拡大
 
マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビューの画像拡大
 
マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビューの画像拡大
 
マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビューの画像拡大

1974年の登場以来、世界中で3500万台以上が販売されたコンパクトカーのベンチマークが、フルモデルチェンジにより8代目に生まれ変わった。

新型ゴルフは、2ボックスのハッチバックスタイルや太いCピラーといった特徴を従来モデルから受け継ぎながらも、よりシャープなデザインのヘッドライトや薄いラジエーターグリルを採用。さらに精悍(せいかん)なフロントマスクを手に入れた。

インテリアは、新たにデザインされた液晶メーターやタッチパネル式のディスプレイなどによりデジタル化を進めている。シフトバイワイヤ式のセレクターを採用したことでセンターコンソール付近に広々とした印象を与えているのも新型の特徴のひとつだ。

パワートレインでは、48V電源システムとベルト駆動式スタータージェネレーター、48Vリチウムインバッテリーによるマイルドハイブリッドシステム「eTSI」をフォルクスワーゲンとして初めて採用。最高出力の異なる3タイプ(110PS/130PS/150PS)を設定する。

さらに、大容量(13kWh)の駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッド車を設定。従来のスポーティーモデル「GTE」(最高出力245PS)に加えて、効率を重視したモデル(同204PS)も用意する。いずれもバッテリーのみでの航続可能距離は60km。

電動機構を持たないパワーユニットについては、最高出力90PS、または110PSのノーマルバージョンと、ミラーサイクル燃焼方式を採用してより高効率を追求した同130PSバージョンの、計3タイプのガソリンエンジンを設定。ディーゼルエンジンは同115PSおよび同150PSの2タイプで、排ガス浄化のためのSCRを2つ搭載するなどして、NOxの排出量を80%以上低減。燃費も17%向上しているという。

新型ゴルフは、2019年12月からドイツでまず販売がスタート。その後に販売エリアが拡大される予定で、日本市場に導入されるのは2020年後半以降となる見込み。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る